『ヒト』を最適化しよう。

西洋の諺『一日だけ幸せでいたいならば、床屋にいけ。一週間だけ幸せでいたいなら、車を買え。一ヶ月だけ幸せでいたいなら、結婚をしろ。一年だけ幸せでいたいなら、家を買え。一生幸せでいたいなら、正直でいることだ。』

考察

効力』の話だ。『それだけ』がどれだけの効力を発揮するかということである。『それ』とはつまり『外部要因』である。外部要因の効果も、例えば睡眠薬や頭痛薬と同じように、効力を得られる。しかしそれは、一時的だということである。一時的な痛みどめの為に、薬に頼る。それはある種の、麻薬依存症である。

 

『外部』に依存するのではなく、『内部』に目を向けるのだ。薬を使わなくても、人間には『自然治癒』という能力がある。外部要因は、内部要因を強化する『装備』程度の考え方をするのがいいだろう。

 

別に無くても、生きていけるが、有ると便利である。そう心を構えておくことが重要である。つまり、依存しないということだ。

 

自然治癒

 

ある所に幸せになりたいと思う女性がいた。彼女は

 

  • 大好きだがお金のないAさん
  • 好きではないがお金持ちのBさん

 

のどちらかと結婚をする選択肢を迫られた。周囲の人間は、こぞってBさんを推奨した。

 

Bさんにしておきなさい。

現実を見なさい。あなたは、母になり、子供を育てていくのよ。

Aさんなんて、何の魅力もないでしょ。

家族のためよ。

 

それっぽい理由はたくさん並んでいた。

 

だから彼女はBさんを選択した。色々な理由があった。生きていくために仕方がないことだった。それは、ある種の自己防衛本能だった。本能の部分でその人と一緒になり、種を遺せば、それが長くたくましく生き抜いていくような気がした。

 

人間にとって、お金というものは人間のDNAレベルにまで影響する、最高の魅力の一つだった。まるで、動物や昆虫が『一番立派な羽や角』を持っているのが誰なのかを見て、それで交尾をするように。

 

しかし、彼女は心底でAさんのことを忘れることはできなかった。それは、彼女が『人間』だったからだ。

 

人間には心がある。心があるから人間なのだ。彼女が本当に幸せになるためには、彼女が一生幸せになるためには、彼女が選ぶべき選択肢は、どちらだったのだろうか。

 

結婚

 

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。また、Twitter名言アカウントにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『アウトサイド・インではない。インサイド・アウトだ。』