Contents|目次

マーク・トウェイン『赦しとは、踏みにじられたスミレの花がそのかかとに放つ芳香である。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

踏みにじられたスミレの花。別にラベンダーでも薔薇でもいいが、しかし『彼ら』は我々のその罪深い足に、かかとに、最後まで自らのかぐわしい芳香をプレゼントしてくれる。『レ・ミゼラブル』を思い出してみればよい。ジャン・バルジャンは世話になった教会の銀の食器を盗んだ。しかし、それを告白された牧師は、こう言った。

 

ろしければこっちの食器も持っていくがいい。

 

これこそが『赦し』だ。

 

これこそが『慈愛』だ。

 

 

 

もし、ジャン・バルジャンの様に相手が心底に清い心を持っていない場合は、その場で撃ち殺され、当然の様に差し出された銀の食器と、それどころかその他の高価な物も根こそぎ奪われてしまうだろう。だが、それでもそれをしなければならない。本当に『人の為を想っている』と言いたいのであれば。

 

そういう人は、正直自分が痛い目を見なければ理解しないのだ。愛を示すだけでは、理解できないのだ。彼らにも彼らなりの理由がある。それまで、何度も何度も裏切られてきたのだ。親に。家族に。友人に。恋人に。そして目の前の牧師も、彼らの目には同じように映る。

 

クリスチャン

 

ドラッグをやっているのかもしれない。アルコールを飲んでいるのかもしれない。アドレナリンが過剰分泌しているのかもしれない。とにかく彼らには、冷静に『愛』を見極める力は、ないのだ。だが、それは一時的なものかもしれない。つまり、彼らは牧師を撃ち殺した後、刑務所に入れられ、そこで悔い改めるかもしれない。

 

なんてひどいことをしてしまったんだ。あの人は、最後の最後まで、自分のことを心配してくれた。最後の最後まで、こんな虫けらの様な俺の身を、案じてくれた。あんな人がいたのか。俺は、そんな人を殺してしまった。取り返しがつかない。俺は、どう罪滅ぼしをしていけばいいのか…

 

赦しとは、踏みにじられたスミレの花がそのかかとに放つ芳香である。あるいはその芳香が、この世の闇に照らし続ける光となることを信じて、スミレの花は、今日もどこかで咲いている。

 

スミレ

 

 

 

 

MEMO

※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

 

 

特別情報

当サイトにある500人の偉人の8000の名言は、ぎゅっと集約して『38』にまとめられます。人間がいる以上未来永劫廃れることのないこの情報を、決してお見逃しなく。

 

『38の黄金律』へ

 

名言一覧

名言一覧(厳選した500人の8,000の格言)

 

Pickup名言

8000の言葉から名言がランダムに表示されます。偶然あなたに突き刺さる言葉に出逢えるかも∠(`・ω・´)✧!?

名言AI

鍵山秀三郎『自分の才能を発揮している人はどんな人かというと、まず言えることは「人が”なんだそんなことか”と思うような取るに足らないことに一所懸命取り組んでいる人」です。』 貝原益軒『朝早く起きることは、家の栄える印なり。遅く起きることは、家の衰える基なり。』 ジョン・レノン『大ざっぱな言い方をすると、子供たちがクレージーな理由は、子供を育てるという責任に、誰も立ち向かうことができないからだよ。』

 

関連する『黄金律

『愛があれば全ては解決する。』

同じ人物の名言一覧

マーク・トゥエインの名言・格言一覧