『後悔したくない方』はこちら

川上哲治『企業に勤めると、冷や飯を食わされる時もある。その時にグチをこぼしたり、腐ったりして、仕事をろくにしない人が多い。成功する人とは、この冷や飯を上手に食べた人であるといってよい。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

野球人とは思えない、人として研ぎ澄まされたこの言葉。これに初めて私が出会ったのは、今から13年も前の事だった。書いたとおり、私はこの人物を知らなかった。『企業は』などと言っているから、なおの事だ。私が見たその格言書には、川上哲治とだけ書いてあったのを覚えている。しかし、鮮烈な印象を残したのだ。まだ20歳にもなっていない、未熟な私の心にである。

 

私はそれまでの半生で、自分の身にあった不運を、親や、人や、周りの環境のせいにして生きながらえていた。本当にそれら周りのせいだったことも、厄介な事実だった。例えば、宗教の強要である。

 

 

これは、まだ未熟だった私の心を、これ以上ないほど苦しめた要因の一つだった。

 

(どう考えたって周りが悪いだろ)

 

そうやって言い聞かせ、私は自分の権利を奪おうとする全ての存在に牙をむき、やりたい放題の人生を生きた。『自由奔放』と『自由闊達』では意味が違う。他を気にせずやりたいことをやるのが前者、小事を気にしない解放された心があるのが後者。私がなりきっていた人間は、せいぜい10代の考え得る自由奔放な無法者だったのだ。『インサイド・アウト(内から外へ)』。これが、今回のテーマのカギとなるキーワードである。

 

『許せない』?そりゃあそうだろう。だが、『赦す』のはどうだ。

 

ブッダは言う。

ブッダ

 

たとえどんなに漆黒の闇に堕ちようとも、自分の魂の光の輝きまでをも、その闇に埋没させる必要はない。光は、闇をも凌駕する。

 

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

関連する『黄金律

『アウトサイド・インではない。インサイド・アウトだ。』

同じ人物の名言一覧

川上哲治の名言・格言一覧