『ヒト』を最適化しよう。(リニューアル中です…。)

ビスマルク『我々は愛と好意にはた易く丸め込まれる。おそらくはあまりにた易く。しかし脅しによって丸め込まれることは絶対にない!』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

そういう風に意識しているのが人間だ。常々、人間はそうやって意識している。愛と好意は、受け入れ態勢が出来ている。いつでも、それが受けられるなら、受ける気でいるのが人間だ。だが、脅しによっては丸め込まれたくない、と思っている。それは、往々にして人が、思っていることだ。つまりこれは当たり前のことに『!』をつけて大げさに言っているだけ。

 

確かに私は、この言葉を言った場所や環境、至った経緯を取っ払って短絡的に解釈しているという事実はある。 だが、『だからこそ言える見解』というものがあるわけで、むしろこのサイトにある感想文自体が全て、そういう考え方で書いているのだ。『自己の重要感』とは、自分が重要な存在だという認識を相手方が持っているとわかったときに、発生する心の動きである。

 

つまり、舐められていない。見下されていない。尊厳を守ってくれている。尊重してくれている。ということがわかったときに、相手に対し、(この人はいい人だ。理解者だ。)と考えてしまう、人間の心理のことである。ビスマルクのこの言葉は、『自己の重要感』の説明、そのままである。

 

 

北風と太陽だ。もし自分が押し通すことが押し通せないなら、自分は北風になっていると自覚する方がいい。太陽たる行動は何か自問し、すぐに自分の失敗を認め、行動を改めるのだ。見るべきなのは以下の黄金律である。

 

『失敗をすぐに認められるか、それとも隠蔽するかで人間の価値は決まる。』

 

すると、運気は自分の方に向いてくる。いや違う。『気運』だ。気運を呼び込むことが可能になるのだ。そこにあるのは主体性である。主体的に気運を呼び込む人間は、以下の黄金律を自分のものにすることができるだろう。

 

『偶然に期待する人間は、支配される。』

 

自己の重要感を満たせば滞りがスムーズにいく。この事実を、どう解釈するかだ。

 

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『アウトサイド・インではない。インサイド・アウトだ。』

同じ人物の名言一覧