名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

> > >

 

魯山人 名言/格言

魯山人

 

北大路 魯山人とは(画像

日本芸術家。生誕1883年。魯山人は19世紀末~20世紀にかけて活躍した日本の芸術家です。非常に様々な顔を持っており、書道家や画家、美食家としても活動した一方、ピカソ小林秀雄などの芸術家を批評したことでも知られています。1883年3月23日に京都市の貧しい家庭に魯山人は生まれ、6歳の時に福田武造の養子になり、梅屋尋常小学校を10歳の時に卒業しました。

 

その後1903年に書家を目指して上京し、翌年には日本美術展覧会で一等を受賞するほどの実力を示しました。これがきっかけとなり、岡本可亭の内弟子になりました。その後は陶芸や食、美術などの分野で活動し、1959年12月21日に没するまでの間に数多くの作品と功績を遺しました。魯山人の名言には「味に自信なき者は料理に無駄な手数をかける」「食器は料理の着物である」などがあります。

 

 

スポンサーリンク

 

魯山人の言葉

 

『三度炊く 飯さえ硬し 軟らかし 思うままには ならぬ世の中。』

 

カテゴリー:人生/生死

この世には、『カオス』というものがあって、例えば『パチンコ玉の動き』を考えてみればいい。

>>続きを見る

 

『自分の尊いことを知らないで何が出来ますか。』

 

カテゴリー:自己/精神

何しろ、かの四聖の一人、仏教の開祖釈迦(ブッダ)は言った。『天上天下唯我独尊』だと。"

>>続きを見る

 

『日本人が常に刺身を愛し、常食する所以は、自然の味、天然の味を加工の味以上に尊重するからである。』

 

カテゴリー:知性/知恵

さて、このような『天然と加工』を考えた時、浮上してくるのは食事の在り方だけではない。

>>続きを見る

 

『低級な食器に甘んじているものは、それだけの料理しかなしえない。この料理で育てられた人間は、またそれだけの人間しか生まれない。』

 

カテゴリー:知性/知恵

何を見て学んで育つかという素養で、人の品格は定まる。何を食べて造るかという構築で、人の肉体構造は象られる。

>>続きを見る

 

『食器は料理の着物である。』

 

カテゴリー:知性/知恵

その他にも『額縁と絵』もそうだが、その額縁や食器といった枠組み次第で、肝心の中身の質がこうも変わるか、という不思議な現象が確かにある。

>>続きを見る

 

『料理は自然を素材にし、人間の一番原始的な本能を充たしながら、その技術をほとんど芸術にまで高めている。』

 

カテゴリー:知性/知恵

改めて言われるまでもない、と考えてしまうのは、私が日本人だからだ。『料理が芸術的』だという認識が当たり前だと思っているのは、世界の人から見れば、当たり前ではない。

>>続きを見る

 

『人はただ自然をいかに取り入れるか、天の成せるものを、人の世にいかにして活かすか、ただそれだけだ。』

 

カテゴリー:知性/知恵

人が出来るのは、結局それだけである。天が作った物が=自然ということになるのであれば、木、森、川、山、土、石、岩、海、

>>続きを見る

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP