名言を自分のものにする

広告

 

> > >  >

 

松下幸之助 名言/格言(5ページ目)

 

 

『知恵のポンプは汲めば汲むほど湧いてくるんや。』

 

カテゴリー:知性/知恵

つまり、最初はもっと少ないと思っていた。しかし、ふたを開けてみると、その泉の『底』はなく、掘れば掘るほど湧いて出ることを知った。

>>続きを見る

 

『真剣に生きる人ほど無理はしない。』

 

カテゴリー:知性/知恵

この言葉の意味を理解する為に見るべきなのは、ジョージ・ハーバートのこの言葉だ。

>>続きを見る

 

『熱心は、人間に与えられた大事な宝である。そしてこの宝は、誰にでも与えられているのである。』

 

カテゴリー:自己/精神

どんな人間にも、熱心になることはできる。かつて、人の10倍の速度で歳を取ってしまう奇病を患った、一人の女性がいた。

>>続きを見る

 

『礼儀作法は人間関係を滑らかにする。社会生活の潤滑油である。』

 

カテゴリー:知性/知恵

エマーソンはこう言い、『些細な犠牲によって、礼儀正しさは成立している。』新島襄は言った。『諸君の議論に愛の油を加えよ。』

>>続きを見る

 

『美と醜は表裏一体。美の面に囚われ、反面の醜を責めるに急なのは、真実を知らぬ姿である。』

 

カテゴリー:知性/知恵

美と醜は表裏一体であるというのに、美の面だけに囚われ、その反面である醜の実態に慌てふためているのは、もとより『醜など自分とは無縁だ』と思っていた証拠であり、それは『美と醜は表裏一体である』という真実を知らぬ姿である。

>>続きを見る

 

『鳴かぬなら それもまたよし ホトトギス。』

 

カテゴリー:知性/知恵

織田信長の、『鳴かぬなら 殺してしまえ ホトトギス』徳川家康の、『鳴かぬなら 鳴くまで待とう ホトトギス』

>>続きを見る

 

『悩んでも悩まない、そういうように感じることができれば、人生は決して心配することはない。』

 

カテゴリー:自己/精神

悩んでも悩まない。という言葉の意味は不明である。しかし、ちょっとひねって考えればわかるようになる。まず、『悩み』に直面する。

>>続きを見る

 

『仕事が伸びるか伸びないかは、世の中が決めてくれる。世の中の求めのままに、自然に自分の仕事を伸ばしてゆけばよい。』

 

カテゴリー:仕事/経営

つまり、『今の世が求めているもの』を用意すればいい。『時代のニーズ』だ。『今の時代に最も芽が出る種』を蒔くのだ。

>>続きを見る

 

『誠実に謙虚に、そして熱心にやることである。』

 

カテゴリー:自己/精神

誠実に、謙虚に、熱心にやる。それを全て成し遂げることが出来ている人間は、私が生きてきて見て来た中で、『恩師』と呼べる人間数人だけしかいない。

>>続きを見る

 

『心くばりの行き届いた仕事は一朝一夕には生み出せない。やはり日ごろの訓練や躾がものをいう。』

 

カテゴリー:仕事/経営

それを理解していない人間は、日々の鍛練を怠る。何しろ、そういう人間はもっと派手なことがしたい。派手なこと=自分の大きな手柄、という図式に依存しているのだ。

>>続きを見る

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

シェア

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP