名言を自分のものにする

広告

 

> > >  >

 

ゲーテ 名言/格言(13ページ目)

 

 

 

『生まれが同時代、仕事が同業、といった身近な人から学ぶ必要は無い。何世紀も普遍の価値、普遍の名声を保ってきた作品を持つ、過去の偉大な人物にこそ学ぶことだ。』

 

カテゴリー:知性/知恵

ニーチェはこう言い、『よい格言は、時の歯がたつには堅すぎる。そして、いかなる時代にも栄養のたしになるのに、幾千年の歳月にも食いつくされはしない。』

>>続きを見る

 

『誰一人知る人もない人ごみの中をかき分けていくときほど、強く孤独を感じるときはない。』

 

カテゴリー:自己/精神

一人でいるときの孤独より、二人でいて感じる孤独の方が、強く孤独を感じることがある。その理由は、『白黒はっきりする』ということが一つだ。一人のときは、(もしかしたら孤独ではないかもしれない)という妄想に浸れる。

>>続きを見る

 

『卑怯者は、安全なときだけ威丈高になる。』

 

カテゴリー:自己/精神

『威丈高(いたけだか)』とは、偉そうにして相手のことを見下すという意味だ。つまり、見栄や虚勢を張って、自分はそのエリアにいる中で最も強い人間なのだ、ということを誇示する態度のことである。

>>続きを見る

 

『本当の自由な心とは「認める」ということである。』

 

カテゴリー:自己/精神

逆に、『認められない』という人の心を除いた時、その心は見えない鎖でがんじがらめになっている。あれもダメ。これもダメ。

>>続きを見る

 

『とにかく、とりかかれば心が燃え上がるし、続けていれば仕事は完成する。』

 

カテゴリー:自己/精神

『人間の仕組み』を的確に表したこの言葉。例えばピアニストがいるが、その人は本当にピアニストになる為に生まれたのだろうか。

>>続きを見る

 

『自分も犯したことのある過ちなら、人が犯しても好感を抱くものだ。』

 

カテゴリー:自己/精神

昨日『TED2』を映画館で観て、まさにそのような現象が起きた。どのシーンで笑ったかは言えないが、私が笑ったシーンは、必ずしも周りの人が笑うようなシーンではなかった。

>>続きを見る

 

『種をまくことは、取り入れほど困難ではない。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

種をまくことは、確かに簡単だ。パッと種を蒔けばいいだけだ。だが、そうはいってもなかなかその種を計画的にまくことが出来ない。

>>続きを見る

 

『生の歓びは大きいけれども、自覚ある生の歓びはさらに大きい。』

 

カテゴリー:自己/精神

人生を、生きているか死んでいるかもわからないような状態で、生き長らえている人間は大勢いる。

>>続きを見る

 

『発言し、活動しなければならない。多数派に属するか、少数派に属するかはまったくどうでもいいことだ。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

発言することで、少数派に属してしまう。例えば、『ハブられて』しまう。のけものにされるのだ。一人ぼっちになる。

>>続きを見る

 

『自分を実際以上に考えることと、真価以下に見積もることは、共に大きな誤りである。』

 

カテゴリー:自己/精神

自分を実際以上に考えることは、『過信』。真価以下に見積もることは、『宝の持ち腐れ』。これらは共に、間違った姿である。

>>続きを見る

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

シェア

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP