名言を自分のものにする

広告

 

> > >

 

エウリピデス 名言/格言

エウリピデス

 

エウリピデスとは(画像

古代ギリシャ詩人。生誕紀元前480年通称『古代ギリシャ三大悲劇詩人』。

 

 

スポンサーリンク

 

エウリピデスの言葉

 

『最大の不運の中に、しあわせが生まれる最高のチャンスがある。』

 

カテゴリー:不幸/失敗

アイスキュロス、ソフォクレスと共に三大悲劇詩人に数えられるエウリピデス。成功哲学の祖、ナポレオン・ヒルもこう言っている。

>>続きを見る

 

『礼儀は魅力もあれば利益もある。』

 

カテゴリー:知性/知恵

『礼儀』とは、異なった歯車をうまくかみ合わせる『潤滑油』だ。それによって得られる効果は強大である。何しろ歯車とは普通、

>>続きを見る

 

『息子よ、許してやれ。人間は所詮人間だ。どうしても過ちを犯すものなのだよ。』

 

カテゴリー:不幸/失敗

そもそも赤ん坊の頃、道理に合わない場所で排泄物を垂れ流し、親や周りに迷惑をかけた。それについて憤る人間などいない。

>>続きを見る

 

『逆境にあったとしても、道理に耳を傾けることは賢明なことだ。』

 

カテゴリー:不幸/失敗

何しろ、『逆境』というもは、別に『終わり』を意味しない。むしろ『始まり』である。だとしたら、むしろ『逆境じゃなければ道理に耳を傾けられない』という事実が浮き彫りになる。事実、この私がそうだったのだから、断言できる。

>>続きを見る

 

『自制心は、神々の最高で高貴な贈り物である。』

 

カテゴリー:自己/精神

スウィフトはこう言い、『不平は天から授けられた最大の贈り物である。』プルタルコスは言った。『眠りは、神からの唯一の無償の授かり物である。』

>>続きを見る

 

『良い習慣は、法律よりも確かなものだ。』

 

カテゴリー:自己/精神

ということは、悪い習慣<悪法<法律<良い習慣という様な図式が浮き彫りになるわけだ。

>>続きを見る

 

『とるに足りないことも、新しいものであれば烏合の衆を喜ばせる。』

 

カテゴリー:知性/知恵

併せて考えたいのは、以下の偉人の言葉だ。ドストエフスキーは言った。『金こそは、取るに足らぬ人物を第一級の地位に導いてくれる唯一の道である。』

>>続きを見る

 

『危険は、勇者の目には太陽のごとく光り輝く。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

太宰治はこう言い、『疑いながら、ためしに右へ曲るのも、信じて断乎として右へ曲るのも、その運命は同じ事です。どっちにしたって引き返すことは出来ないんだ。』

>>続きを見る

 

『女たるものは、つねに男たちの運の行く手に立ちふさがり、かつ不幸なほうへと導く。』

 

カテゴリー:恋愛/結婚

すぐに思いつく『魔性の女』や『女の誘惑』ということもさることながら、私が今思いついたのは、母親である。

>>続きを見る

 

『幸せに恵まれていると思われている人も、死ぬのを見届けないうちは羨むべからず。運はその日限りなのだから。』

 

カテゴリー:人生/生死

今まさに結婚したばかりの新婚の夫婦が、最高のウェディングパーティーを開催し、幸せの絶頂にいるように見えたのに、次の年、離婚していることがある。

>>続きを見る

 

『私に若い時代が2回、年老いた時代が2回あったならば、私の過ちを改められるだろう。』

 

カテゴリー:不幸/失敗

しかし、それらの時代は一度ずつしかない。従って、後戻りは出来ないのだ。過ちを改めることは出来ない。出来ることと言えば、その過ちを単なる過ちとせず、『糧』とすることだけだ。

>>続きを見る

 

『必然に随順する者、これ賢者にして神を知る者なり。』

 

カテゴリー:自己/精神

『随順(ずいじゅん)』とは、大人しく従うという意味だ。たとえばここで言う『神』が『必然』そのものの『別名』なのであれば、この言葉は一発で理解できる。

>>続きを見る

 

『人間は栄えているべきなり。ひとたび落ち目になれば友などというものはなし。』

 

カテゴリー:友情/仲間

『人間は栄えているべきなり。ひとたび落ち目になれば友などというものはなし。』この言葉の意味を理解する為には、以下の文章を読むのが良い。

>>続きを見る

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP