名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

長嶋茂雄『結果が悪ければ天もファンも見限る。それが監督業。負けるのは監督が悪い。』

長嶋茂雄


日本プロ野球選手 長嶋茂雄

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


断じて、結果だけがすべてではない。しかし同じくらい断じて、結果がすべてである、という考え方もある。

 

例えば、お金があれば、食事を買えた。治療が受けられた。しかしそれがなかった。だから終わってしまった命があった。そんな時、『結果がすべてだ』と考える人間が生まれることは、当たり前のことだ。

 

しかし、たとえ結果が出なくても、それを出す過程にあった幾多のドラマや、努力を積み上げた確かな証。それは、自分が生きた証拠であり、人生そのもの。それが、結果が出なかったからといって、無かったことになるということはなく、むしろ、その経験が次の目標の糧になることがある。だから結果がすべてではない。しかし、同じくらい大切なものが、結果というものなのである。

 

この場合、監督して本人が自分のことを評価しているわけで、だとしたらこの言葉を言うのが正解だ。他に責任転嫁してもいいし、積み上げた努力の話を押し出してもいい中で、こうして淡々と自分の責任であることを真正面から受け止める姿勢からは、人間としての矜持、野球を愛する野球人としての誠実さと、プライドが垣間見えるのである。

 

 

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

15.『人間が戦うべき相手は外にはいない。『内』にいるのだ。

確かに人間は、闘わなければならない。だが、その相手は『外』にはいない。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『『絶対』などない。だが、『それでも絶対にやってやる』という気持ちだけが、未来を切り開くのだ。』

 

 

黄金律

『『運気に期待する』のではない。『気運を呼び込む』のだ。』

 

 

黄金律

『結果が出るまで『続ける』のではない。結果が出るまで『最適化する』のだ。そこにある差は、まるで『紙ヒコーキとセスナ』である。』

 

黄金律

『危機が完全に去ることを待つのではない。この一生を悔いの無いように航海するのだ。 』

 

 

 

 

長嶋茂雄『結果が悪ければ天もファンも見限る。それが監督業。負けるのは監督が悪い。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

同じ人物の名言


『野球というスポーツは人生そのものです。』

 

『少なくとも、セオリー通りの安全な道ばかり歩いていては、生きがいなんか生まれませんよ。』

 

『来た球を打て!』

 

『失敗は成功のマザー。』

 

『うーん、この試合は、一点でも多く取った方が勝ちでしょう。』

 

『想念は現実化するんですよ。』

 

『プロなら陰の苦労や苦悩を人前で見せるべきでない。』

 

『魂を込めて打てば、野手の正面をついたゴロでもイレギュラーする。』

 

『なぜ逃げるのか。打たれて命を取られるのか。打たれたからって命を取られるわけないんだ。逃げるな。』

 

『ウサギとカメならカメでいい。我慢する勇気が重要なんです。』

 

『なにか一つのことに脇目も振らずに打ち込める時期を持てる人は幸せかもしれない。』

 




↑ PAGE TOP