名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

ジャン・パウル『貧困と希望は母と娘である。娘と付き合っていると母のほうを忘れる。』

ジャン・パウル


ドイツ作家 ジャン・パウル画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


例えば、どこかを痛めたら、別のどこかを強くつねれば、最初に痛めた方の部位の痛みが、中和される。そういう様な事が実際にある。

 

または、寒さで冷え切った身体に、足元だけ足湯に浸かって暖まると、嫌だったはずの身体全体の冷えが、心地よくなる。あるいは、脳は睡眠中でも一生休むことなく動き続けるが、別の脳の部位を使うことによって、違う脳の部位を使わないことにはなるので、その脳を一時的に休ませることは出来る。

 

例えば、普段人の指示をすることが多い人は、一方的に受け身でいればいいような環境に身を置くことで、普段使っている脳の部位を休ませることが出来る。例えば『映画鑑賞』だ。そう考えると、『人間は一つの事にしか集中できない』という一つのキーワードが思い浮かんでくる。

 

集中

 

御託はいい。とにかくそれを利用すればいいのだ。希望を持てばいいのだ。夢を抱けばいいのだ。それが、この儚く”意味”の無い人生に、尊い”意義”を見出そうとする、人間の”意地』である。

 

貧しい生活を強いられる人間にも幸せな人間はたくさんいる。豊かな生活を送ることができる人間にも不幸な人間はたくさんいる。

 

今、貧しい生活を強いられている人はこれを受け、それを真正面から受け入れないだろう。

(なにが不幸だよ。結局金なんだよ。)

 

という発想が頭をよぎるだろう。

 

そういう人は、経験をしてみるか、想像力を働かせるか、どちらかを実行に移せばいい。貧しい生活の中でも実験は出来る。例えば、人をぞんざいに扱い、それで得る感覚と、人を尊重し、それで得る感覚を比較してみる。

 

すると、間違いなくそこにある感情は、『不幸』と『幸福』であるということを知るだろう。だとしたら同じ考え方で、裕福になった自分の人生を想像してみるといい。『金持ちで不幸になった人間』などいくらでもいる。

 

不幸

 

さしずめ彼らは、支配されているのだ。つまり、金を持つ資格を持ち合わせていなかった。しかし、金という絶大な威力を持った物を前にしては、人は常に欲望の暴走の支配と向き合い続けなければならない。

 

そういう心配をしなくて済む。貧しい人間は苦労も多いが、その生活の中に幸せを見出そうと思えば、いくらでも見出せるのである。

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

18.『アウトサイド・インではない。インサイド・アウトだ。

外(環境)が自分の運命を握っているのではない。内(自分の心)がそれを握っているのだ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『絶望などない。あるのは希望だけだ。』

 

 

黄金律

『『不幸』などない。あるのは、目の前で淡々と起きている現象に反応する、人間の心である。』

 

 

黄金律

『希望は貧者のパンである。そして、絶望は貧者のカビである。』

 

 

 

 

ジャン・パウル『貧困と希望は母と娘である。娘と付き合っていると母のほうを忘れる。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

同じ人物の名言


『人生は一冊の書物によく似ている。愚かな者はそれをパラパラとめくっているが、賢い者はそれを念入りに読む。なぜなら彼は、ただ一度しかそれを読めないことを、知っているからだ。』

 

『大文字ばかりで印刷された書物は読みにくい。日曜日ばかりの人生もそれと同じだ。』

 

『文は人なり』

 

『老人の上機嫌ほど美しいものはない』

 

『父親が子供に語ることは世間には聞こえないが、彼の子孫には聞こえる』

 

『称讃された時ではなく、叱責された時に謙虚さを失わない者こそ真に謙譲な人間である』

 

『われわれが追い出されずにすむ唯一の楽園は思い出である』

 

『地上の生活においては、一年々々はまさに短いものである。年齢などはもっと短いし、人の一生ときたら、この上なく短い。しかし、その日その日は長いものである。刻一刻はもっと長いものだし、瞬間というものは往々にして、永遠に等しい』

 

『常に謙虚であるならば、褒められたときも、けなされたときにも間違いをしない。』

 



↑ PAGE TOP