名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

千利休『頭を下げて守れるものもあれば、 頭を下げる故に守れないものもある。』

千利休


日本商人 千利休画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


頭を下げて守れるものは、例えば『会社の信頼』だ。また、頭を下げて守れないものは、例えば『飾った印象』だ。

 

ビジネスパーソンが、自分及び自社の不備や不祥事について、謝罪をすることは、とても健全であり、将来性がある。私なども、少しでも不備があればすぐに怒鳴りつけていた血気盛んな20代の頃でも、その会社の社長が直々に電話に出て謝罪し、家まで謝りに来るという話の流れになった途端、スーッと胸の怒りが収まって、相手を許せる気持ちになったものである。

 

その社長につないだ部下は、私が社長を論破できないと思っていただろうが、それは、彼が『部下だから』であり、部下というものは、往々にしてそういう思慮浅い人間が多い。思慮深ければ、『部下』に甘んじないからだ。自らの思慮深い意志を有効活用しようと、『上司』へと続く階段をひた歩くものである。

 

 

『社長』ともなると、自分の判断が社運の全てを握ることを自覚している為、軽薄な受け答えは絶対に出来ない。私の話は社長レベルの人間だけしか対応できない話だったのである。筋が通っていたということだ。単なるクレーマーではなかった。そして、不備はその部下たるアルバイトにあったのである。

 

それを完全に把握した途端、社長が(不備が自分たちにある)と理解し、そういう流れになったのだ。その社長も賢明な人間だからよかった。それでことが無事に済んだ。私は相手がたとえ警察であっても、理不尽なことをしたら必ず謝罪させていたので、その社長が軽薄であれば、もっと大きな問題に発展していただろう。

 

しかし、社長は守ったのだ。会社の信頼を。事なきを得た。そしてアルバイトの部下は、『頭を下げる』ことで、失うなにかを恐れたのである。

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

24.『失敗をすぐに認められるか、それとも隠蔽するかで人間の価値は決まる。

自分のミスや失敗を隠したくなる気持ちはわかる。わかるが、『子供』もそれをやっていることを考えた時、そこに違和感を覚えるはずだ。


>>続きを見る

 

35.『知者?無知者?自分が振る舞っている人格はどっちだ。

『無知の知』。それは、『人間は生涯、全知全能になることはできない』ということを悟る知性。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

千利休『頭を下げて守れるものもあれば、 頭を下げる故に守れないものもある。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

同じ人物の名言


『花は野の花のごとく生け、刻限は早め、早めにして、雨降らずとも雨具の用意をし、お客の心を心とするのです。』

 



↑ PAGE TOP