名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

手塚治虫『漫画の含む笑いの要素は、いちばん高級なやつでなければならない。猿の笑いと一緒くたでは困る。』

手塚治虫


日本漫画家 手塚治虫画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


例えば『ブラックジャック』や『ブッダ』を考えてみた時、その内容たるや、まさに人間が最も毛嫌いしそうな、とにかく『漫画ユーザー』からすれば普通、避けて通るような重いものである。しかし、小学生の私はスラスラと読めた。そこが手塚治虫のすごいところである。

 

ブラックジャックは、『もう助からない』と断定された患者を、高額なお金を払わせて、オペを執刀する。彼は凄腕の外科医なのに、無免許なのだ。そこにある倫理的な問題も非常に奥が深い。

 


例えば、『トリアージ』という医療概念がある。

 

 

 

  • 関連ページ▼
  •  

    スポンサーリンク

     

    手塚治虫の言葉を自分のものにする



    この優先順位に従って、治療する患者の優先順位を決める、『選別(トリアージ)』をするのだ。

     

    一見すると極めて合理的に見えるが、『合理的』に人の命を扱っていいのか、というところがポイントで、ブラックジャックの所へ訪ねて来るのは、往々にして、この『黒』の患者だったような印象がある。

     

    何しろ、『もう助かりません、うちの病院では無理です』と言われたような医者が、『高くつくが、無免許の、凄腕の医者がいて、どんな病気も治すらしい』という噂を頼りにして、ブラックジャックを訪ねてきていたはずなのだ。

     

    私はこのトリアージに、事実、批判的な意見があるということを聞いたとき、このブラックジャックを思い出したのだ。そして手塚治虫が、『医師の免許』を持っていたということも後で知り、点と点がつながり、線になった感覚を得た。

     

    医者は、人の命を救う為の職業だ。だが、その医者の肩書を持つと、『人を救えない』というのなら、そんな肩書に何の意味があるのだろうか。医師だかトリアージだか何だか知らないが、そんな蔓延する常識を一切無視して、自分の信念で助けを求める人を治療する。そういう人間がいてもいいのではないだろうか。

     

    そして『ブラックジャック』の『ブラック』はもしかしたら、『トリアージの黒』を刺しているのではないだろうか。私はこの漫画を通して、重要なテーマを突きつけられているような気がした。

     

    『ブッダ』然り、しかしこういう重い(今の私は重いとは思わないが)テーマを扱っているのに、小学生の私がこの漫画を見るのが楽しみだったことを考えると、そこには常に『笑い』があった。それがなければ、あの時の私が何冊も何冊も、この漫画を読むわけがないのだ。そんな自分の思い出を思い出しながら、今回の手塚治虫の言葉を聞いた。

     

     

     

     

    ※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

    著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

     

    シェア

     

    スポンサーリンク

     

    関連する黄金律

    黄金律

    この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

     

     

     

    2.『愛があれば全ては解決する。

    愛は没我であり、潤滑油である。円滑にいかない場所に愛はない。

    >>続きを見る

     

     

    関連する記事

    黄金律

    『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

     

    黄金律

    『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

     

    黄金律

    『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

     

    黄金律

    『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

     

     

     

    手塚治虫『漫画の含む笑いの要素は、いちばん高級なやつでなければならない。猿の笑いと一緒くたでは困る。』


    スポンサーリンク

     

    当サイト最重要記事

    黄金律

    8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

     

    黄金律

    『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

     

     

    偉人の名前や名言を検索

     

    おすすめ関連記事

     

     

    ↑ページの上部へ

     

     

    同じ人物の名言


    『30分も眠るとつらくなるから、10分で起こしてください。』

     

    『もうこれで十分満足、と落ち着いた途端にスタミナが切れて、ダウンしてしまう気がする。』

     

    『ひとつのものがずうっと、定着してしまっているということは、逆に不安定で、ぼくに言わせれば「死んだ芸術」ですよ。』

     

    『今世紀の芸術作品といわれるものは、たいてい圧政や迫害の中から、レジスタンスとして生まれてくる。』

     

    『やたらに人の首が飛んだり、手がとんだり、血が流れたり、そういったものを果たして、子供に見せるべきなのか。私は絶対反対なんです。』

     

    『ぼくのマンガというのは教科書なんですよ。教科書というのは、読んでワクワクするほど面白いもんじゃないし、面白すぎても困るわけ。』

     

    『親の暴力が一概に悪いとは決して言わないが、子供が納得する暴力でなければならない。子供が親の予想以上に高い判断力を持っている事を、まずは理解しなくてはいけない。』

     

    『医学の「進歩」も、自然破壊の一種かもしれない。』

     

    『生活とか生存に困難な場所に生きる生物ほど、生活力・繁殖力への渇望が強くなる。人類の存亡が問われるような時、大変な数の人間が、超能力を発揮できるんじゃないか。』

     

    『円周率とか1、2、3、というのは、地球だけの真理であって、宇宙にはそれとは違う、まるっきり想像を絶した、知識の体系があるかもしれない。』

     

    『人間は、果てしなく賢明で、底しれず愚かだ。』

     

    『人間は、生きている間に、なぜもっと素晴らしい人生を送らないのかなぁ。素晴らしい満足しきった人生を送れば、死ぬ時にそんなに苦しまなくたっていいんだろうなぁ。』

     

    『合理化はゆとりや遊びの空間を消して、むしろ人を遠ざけることになります。』

     

    『今日素晴らしいアイデアを思いついた!トイレのピエタというのはどうだろう。』

     



    広告

     

    ↑ PAGE TOP