名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

マザー・テレサ『富める国で中絶を合法化するところがあれば、その国は間違いなく、世界中で最も貧困な国です。』

マザー・テレサ


マケドニア修道女 マザー・テレサ画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


私はクリスチャンの母を『愛してはいる』が『嫌い』なので、このマザー・テレサの言葉にはいつも『イラっ』とくることが多い。それは、母と同じように、

 

キリストのみを、

キリスト

絶対主とする姿勢を見せるからだろう。

 

だが、今回の言葉なら、素直に受け入れることが出来る。そもそも私が彼女らを毛嫌いするのは、『イエス・キリスト』という風に、カルト教団チックな言い回しをあえてするところなのである。

 

重要なのは、人が、人の道を歩いていくことであって、『イエス様』と言ってひざまづく必要はないはずなのだ。そうじゃないと、その他の信仰を持つ人々との間に『線』が引かれる。

 

それが人間としてのあるべき姿だとは、私は断固として思うことは無い。

 

それよりもすんなり受け入れられるのは、『超訳 聖書の言葉』の著者、白鳥氏の様に、

 

『神=愛である。』

 

と断言する人の話だ。それだったら、『神=愛=真理』という図式にもなるわけで、とても信憑性があり、普遍的だ。偏っていない。全人間に共通して、この図式が当てはまる。全人間だ。今だったら72億4千万人。

 

しかし、『イエス・キリスト様』ということになると、その数は半分以下になる。

 

『神=愛=真理』

 

とは、普遍的でなければならないはずである。そうすれば戦争も起きないはずである。そうじゃないから、起きてしまう事実もあるはずなのだ。

 

例えば、キリスト教徒がイスラム教の最高預言者ムハンマドを冒涜した動画を撮影して、ネットにアップした。それを見て怒りに燃えたイスラム教徒たちが、アメリカの要人を殺害してしまった。

 

殺害

 

それが紛れもない『事実』なのに、それでもまだ『偏った意見』を主張することは、ダイバーシティ(多様性)なんたらという話の前に、『人として』あるべき姿なのかどうか、首をかしげるべきである。

 

ダイバーシティというのであれば、

『俺はさ、人を殺してバラバラにするときだけ、快感を覚えるんだ!俺のさ、こういう人格、認めてよ!ね!多様性だよな!』

 

という意見も認める必要がある。

 

それを認めていいかどうか、自分の頭で考えてみると良い。絶対に、断じてそれを許すことは出来ない。もし許せるという人がいるのなら、実際にそういう目に遭った遺族の元へ行って、直接その意見を主張することだ。ただし、命の保証は出来ない。

 

さて、マザー・テレサの言葉に戻るが、この話を例えば『真理に沿って考えた時』とするならば、私は納得がいく、と言ったのである。

 

中絶を法的に認めるような人間の在り方は、間違いなく『人の道』から逸れた場所を歩いている。そういう風に警鐘を鳴らすこの言葉は、とても的を射ていると、こんな私の目にから見ても、そう見えるのである。

 

過ちによって、そういうことは起きてしまうかもしれない。だが、『公として認める』ことと、それとは別次元だ。あるいは、『断固として認めない』体制が整うことで、それに対する人々の規範意識が強化され、人が、人で在る様に努めるようになり、そこには、『真理=愛=神』に倣った人間の姿があるのである。

 

追記:この記事を強化する記事ができた。以下の2つの記事だ。

 

黄金律

『世界平和の実現に必要なのは『真理=愛=神』の図式への理解だ。』

 

黄金律

『真理(愛・神)から逸れれば逸れるほど虚無に近づく。』

 

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

2.『愛があれば全ては解決する。

愛は没我であり、潤滑油である。円滑にいかない場所に愛はない。

>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『『命を使い切る』ということは、無理をすることでも、無茶をすることでもない。自分に与えられた天分を100%全うするということなのである。』

 

 

黄金律

『この世には、命よりも大事なものがある。しかし、それは『上』にあるのではない。だから、『命よりも上』という表現は相応ではない。『中心』にあるのだ。』

 

黄金律

『ダイバーシティ(多様性)があるのは良い。だが、個々各人の主体性が真理に則って成り立つ場合のみ、そこにダイバーシティがある。』

 

黄金律

『この世には、命よりも大事なものがある。しかし、それは『上』にあるのではない。だから、『命よりも上』という表現は相応ではない。『中心』にあるのだ。』

 

黄金律

『全ての人間が自分のやるべきことをやらないと、世界平和は実現しないのだ。 』

 

黄金律

『世界平和の実現に必要なのは『真理=愛=神』の図式への理解だ。』

 

黄金律

『真理(愛・神)から逸れれば逸れるほど虚無に近づく。』

 

 

 

マザー・テレサ『富める国で中絶を合法化するところがあれば、その国は間違いなく、世界中で最も貧困な国です。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

 

同じ人物の名言


『家に帰って家族を大切にしてあげてください。』

 

『ほうきを手に持って、誰かの家を綺麗にしてあげてごらんなさい。その方がずっと雄弁なのですから。』

 

『私たちは偉大なことはできません。偉大な愛で小さなことをするだけです。』

 

『やさしい言葉は、たとえ簡単な言葉でも、ずっとずっと心にこだまする。』

 

『油を足し続けなければ、ランプは灯しておけない。』

 

『いまの世の中、人間が人間を見捨てているのよね。親が子を、子が親を、兄が弟を、友が友を、隣人が隣人を。』

 

『インドでは、貧しい人々はわずかのお米を他人から受けることで満足し、幸せになれるのです。一方、ヨーロッパの貧しい人々は、自分の貧しさを受け入れることができずにいるので、その多くにとって貧しさは失望の源でしかないのです。』

 

『それは確かにわずかでした。でも、彼の持ち物すべてだったのです。それは、私にとってノーベル賞以上の感動を与えてくれました。』

 

『仕事を祈りであるかのように続ければよいのです。』

 

『彼らの努力を、これら無防備の人々へのいくばくかの食物、避難所、医薬、衣類に振り替えられたなら、世界は必ずやより平和で、より幸せなものになることでしょう。』

 

『善い行いは、一つ一つ繋がって愛の鎖をつくってゆきます。』

 

『共に住む人々をよりよく理解するために、自分自身をまず理解することがどうしても欠かせないのです。』

 

『利己的な自分たちがそのような飢えと貧しさの原因なのだ。』

 

『ガンジーは、キリストのことを知った時、興味を抱きました。しかし、キリスト信者たちに会って、がっかりしたそうです。』

 



↑ PAGE TOP