名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

ゲーテ『我々の犯す一つの大きな間違いは、原因を結果の間近にあると考えることにある。』

ゲーテ


ドイツ詩人 ゲーテ画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


数字で考えればわかりやすい。

 

  • 0=原因
  • 1=
  • 2=
  • 3=
  • 4=
  • 5=結果
  •  

    実際のところは『結果=5』、『原因=0』だが、ゲーテの言う通り人は『原因=3か4あたり』だと考えてしまう傾向がある。

     

    ブッダの言葉の超訳として書いたこの記事が、

    ブッダ

    『1の仕組みを理解せよ。その5は、まず1,2,3,4と、手順を踏んだから出現したのである。そして1の前には…』

     

    まさに同じ的を射ている。あるいは、

    『根っこと枝の原理を知れば解決する。』(超訳)

     

    ここで書いた、仏典の言葉、

    『木をノコギリで切り倒しても、その根っこが強力なら再びニョキニョキ生えてくる。それに似て、君の心に巣食った欠乏感があまりに強力な呪いであるがゆえ、一時的に落ち着いても根は生きているから、すぐにまたニョキニョキと伸び、 苦しくなり、『足りなく』なる。』

     

    根っこ

     

    という言葉も、ピタリ同じ的だ。

     

    私の部下にも、この原理を何年経っても、最低でも丸6年は理解することが出来なかった。『枝』に目を向けてしまうのだ。枝の方に悪い実が付いたとき、『それを切り落とすから勘弁してください』などと言うのだ。つまり、『もう同じミスをしないように注意します。』と言う。

     

    だが、彼はその6年間で、違う枝、違う枝へとその悪い実を移しては、そのセリフを繰り返し続けた。

    『枝ではなく、根っこに原因がある。内省をしろ。』

     

    という助言をした回数は、すでに2000回を超えているだろう。ひどいのは、6年も時間があると、その間に最初の方の枝にまた戻ってきてしまい、無限ループに入るという、最悪の悪循環が現れて来るということだ。

     

    『枝ではなく、根っこに原因がある』のだ。これが絶対的な事実だ。丸6年という時間は嘘ではなく、本当の時間だ。

     

    どうかこれを見ている人は、彼のあがいた無駄な時間を、反面教師にし、時間を有効にして頂きたい。そうすれば彼のその時間も、決して『無駄』ではなくなるだろう。ちなみにその彼は今6年3か月ほど経つわけだが、様々な後押しと経験の力も手伝って、ようやく真剣に内省を始めた。

     

    内省

     

    追記:だが、一年もたたないうちにまた内省をやめてしまった。やはり主体的に行動しない限り、人間は変わることはできない。

     

    追記2:更にここから4年が経ったが、その間に内省をまたはじめ、そして今はまたそれをやめてしまった。言うべきことは同じだ。やはり主体的に行動しない限り、人間は変わることはできない。

     

    彼がこうも長い間自堕落な人生に依存してしまう理由はただ一つ。彼が原因を結果の間近にあると、今でも期待し、盲信しているからだ。

     

    盲信

     

     

     

     

    ※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

    著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

     

    シェア

     

    スポンサーリンク

     

    著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

     

    『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

     

    関連する黄金律

    黄金律

    この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

     

     

     

    18.『アウトサイド・インではない。インサイド・アウトだ。

    外(環境)が自分の運命を握っているのではない。内(自分の心)がそれを握っているのだ。


    >>続きを見る

     

     

    関連する記事

    黄金律

    『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

     

    黄金律

    『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

     

    黄金律

    『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

     

    黄金律

    『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

     

     

     

    ゲーテ『我々の犯す一つの大きな間違いは、原因を結果の間近にあると考えることにある。』


    スポンサーリンク

     

    当サイト最重要記事

    黄金律

    8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

     

    黄金律

    『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

     

     

    偉人の名前や名言を検索

     

    おすすめ関連記事

     

     

    ↑ページの上部へ

     

     

    同じ人物の名言


    『お前の本当の腹底から出たものでなければ、人を心から動かすことは断じてできない。』

     

    『人が旅をするのは目的地に到着するためではなく、旅をするためである。』

     

    『人間の最大の価値は、人間が外界の事情にできるだけ左右されず、外界をできるだけ左右するところにある。』

     

    『若くして求めれば、老いて豊かである。』

     

    『よその国から種を取り寄せ、それを選抜し、蒔くのに時をかける注意深い園芸家であるのは屈辱的なことであろうか。』

     

    『何ごともはじめは難しいということわざは、ある意味では真理かもしれないが、より一般的には何事もはじめは容易だ。』

     

    『自分にできること、あるいは夢に思い描いていることは、すべて実行に移すことだ。大胆であれば、非凡な能力と不思議な力を発揮できる。』

     

    『時を短くするもの―それは活動。時を耐えがたく長くするもの―それは怠惰。』

     

    『いつも遠くへばかり行こうとするのか。見よ、よきものは身近にあるのを。ただ幸福のつかみ方を学べばよいのだ。』

     

    『仕事の圧迫は心にとって極めてありがたいものだ。その重荷から解放されると、心は一段と自由に遊び、生活を楽しむ。』

     

    『人間というものは、自分の欲するままにどちらに向かおうと、どんなこをと企てようと、結局はいつでも、自然によってあらかじめ画(かく)された道に戻ってくる。』

     

    『普通、大勢の言うことを聞くと、まったく真相を聞き出すことができない。』

     

    『興味のなくなるところ、記憶もまたなくなる。』

     



    ↑ PAGE TOP