名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

ゲーテ『気前がよければ、人から好意を受ける。とくに気前のよさが謙遜を伴う場合に。』

ゲーテ


ドイツ詩人 ゲーテ画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


慇懃無礼(いんぎんぶれい)』とは、表面では敬語を使って、さも敬っている様に見えるが、よく観察すると、どう考えても『敬語を使っているだけ』で、嫌みが混じっていたり、見下していたりする、

 

まあ、拳で殴って話を付けるようなことが『制限』されている、女性、上流階級、大人、喧嘩をしたことがない人間、等が、よく使う態度である。

 

もう時効になるが、私はとある店のスタッフが、この慇懃無礼な態度を取って見下してきたので、暴力を振るったら私が捕まるので、それ以外の方法で対処した。書けるのはここまでだ。だが一つ言えるのは、とにもかくにも『無礼』な態度を取らない方が良い。

 

取る意味は?そう自問した方が良いだろう。取り返しのつかない事態に発展することだって、稀ではないのだ。

 

あるいは、延長自我』とは人に自分を理解させたくて、意見を主張するのはいいがそのエゴ(我)が押しつけがましくなり相手が怪訝な顔をするときに、行われている自我である。

 

 

相手の気持ちをないがしろにするか、相手の気持ちをよく考えてあげるか、『礼儀』、『無礼』というのはそこにどうやらカギがあるらしい。

 

礼儀正しく、押しつけがましくない。それでいて、無礼でなければ、慇懃無礼でもない。下心が無いのだ。そんな人が、気を利かせて、椅子を出してくれたり、傘を貸してくれたり、お菓子を持ってきてくれた。

 

そこにはただただ、『愛』という一片の光が、指すだけなのである。かつて私に差したような、人間のまがまがしさを浮きだたせるような『ブラックライト』ではない。

 

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

35.『知者?無知者?自分が振る舞っている人格はどっちだ。

『無知の知』。それは、『人間は生涯、全知全能になることはできない』ということを悟る知性。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

ゲーテ『気前がよければ、人から好意を受ける。とくに気前のよさが謙遜を伴う場合に。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

 

同じ人物の名言


『すべての人間が、自由を得るや、その欠点を発揮する。強い者は度を超え、弱い者は怠ける。』

 

『豊かさは、節度の中にある。』

 

『支配したり服従したりしないで、それでいて何者かであり得る人だけが、本当に幸福であり、偉大なのだ。』

 

『我々は、無常なものを無常でなくすためにこそ存在しているのだ。』

 

『真の弟子は、知られたものから知られざるものを発展させることを学び、かくして師に近づく。』

 

『常に時間はたっぷりある。うまく使いさえすれば。』

 

『若い友人たちにいくらすすめても足りないと思うのは、自己省察を学ぶことです。』

 

『芸術家は内面から制作に向かわなければならない。』

 

『愛する人の欠点を美点と思わない人間は、その人を愛しているのではない。』

 

『人はほとんど知らない時にのみ知っている。知識とともに疑いが強まるのだから。何でも知らないことが必要で、知っていることは役に立たない。』

 

『才能は静けさの中でつくられ、性格は世の荒波の中でつくられる。』

 

『天才も不滅ではないということほど、凡人にとって慰めになることはない。』

 



↑ PAGE TOP