『ヒト』を最適化しよう。(リニューアル中です…。)

ゲーテ『気前がよければ、人から好意を受ける。とくに気前のよさが謙遜を伴う場合に。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

偉人

ふむ…。

運営者

考察

慇懃無礼(いんぎんぶれい)』とは、表面では敬語を使って、さも敬っている様に見えるが、よく観察すると、どう考えても『敬語を使っているだけ』で、嫌みが混じっていたり、見下していたりする、まあ、拳で殴って話を付けるようなことが『制限』されている、女性、上流階級、大人、喧嘩をしたことがない人間、等が、よく使う態度である。

 

もう時効になるが、私はとある店のスタッフが、この慇懃無礼な態度を取って見下してきたので、暴力を振るったら私が捕まるので、それ以外の方法で対処した。書けるのはここまでだ。だが一つ言えるのは、とにもかくにも『無礼』な態度を取らない方が良い。取る意味は?そう自問した方が良いだろう。取り返しのつかない事態に発展することだって、稀ではないのだ。

 

あるいは、『延長自我』とは人に自分を理解させたくて、意見を主張するのはいいがそのエゴ(我)が押しつけがましくなり相手が怪訝な顔をするときに、行われている自我である。

 

 

相手の気持ちをないがしろにするか、相手の気持ちをよく考えてあげるか、『礼儀』、『無礼』というのはそこにどうやらカギがあるらしい。礼儀正しく、押しつけがましくない。それでいて、無礼でなければ、慇懃無礼でもない。下心が無いのだ。そんな人が、気を利かせて、椅子を出してくれたり、傘を貸してくれたり、お菓子を持ってきてくれた。そこにはただただ、『愛』という一片の光が、指すだけなのである。かつて私に差したような、人間のまがまがしさを浮きだたせるような『ブラックライト』ではない。

 

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『知者?無知者?自分が振る舞っている人格はどっちだ。』

同じ人物の名言一覧