名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

勝海舟『急いでも仕方がない。寝ころんで待つのが第一だと思っています。』

勝海舟


日本政治家 勝海舟画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


『果報は寝て待て』。逆に、飛ぶ鳥を落とす勢いで跳ね上がるのは、危険である。『膨張』と『成長』は違う。膨張は、弾けるのが相場だ。

 

ウサギとカメ。それを思い出しても、焦りは禁物である。

 

関連リンク:トム『やれるだけの事をやったら男はドンと胸を張ってりゃいいんだ…!!』

 

ウサギと亀

 

勝海舟は、

『人の一生には、炎の時と灰の時があり、灰の時は何をやっても上手くいかない。そんなときには何もやらぬのが一番いい。』

 

とも言ったが、『風林火山』の極意を理解していたのである。孫子の兵法である。


『 風 』
其の疾きこと風の如く。
(無駄を切り詰めて風のように速く)


『 林 』
其の徐(しず)かなること林の如く。
(見極めた引き際は林のように静かに)


『 火 』
侵し掠めること火の如く。
(攻めると決めたら火のように燃え尽きるまで)


『 山 』
動かざること山の如く。
(山のように動かない時を見極めよ)

 

いつでも『火』のモードで行けると思うのは人間の傲慢である。全ての人が自分の思い通りの人生を送れるわけではない。いや、実際には送れるが、それは人間全員が、

 

ブッダのようにならなければだめだ。

 

ブッダ

 

つまり、何も求めない。執着をしない。そういう達観した悟りの境地に入った人格者であれば、この世は『思い通り』になる。なぜなら、『思い通りにならないことが、思い通り』だからだ。初期設定の問題である。

 

しかし実際はそうではない。人間は十人十色で、この世の受け止め方も千差万別だ。多種多様な考え方がある中で、金や権力や野心に心を支配されている人も大勢いる。

 

十人十色

 

『夢』でもいい。目標でもなんでもいいが、人はとかく、自分の思い通りの結果を期待し、人生を突き進むものである。

 

だがそうしたとき、そのすべてが各人の思い通りのペースで進むのであれば、この世は混沌とするだろう。企業が一つ頭を抜ければ、違う競合がそのレースに負けることになる。中には倒産に追い込まれ、死に追いやられる人間もいるだろう。

 

この世は自分の思い通りにはいかない。だがそんなとき、『風林火山』のような自然の甚大なスケールのエネルギーを借りた兵法は、たった一人の小さな人間のエネルギーに大きな力を与える。今はまだ『山』の時期だ。そうやって自分のモードを柔軟に変えられる人間は強い。

 

自然

 

 

 

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

29.『耐え忍ぶことができる人間でなければ、大局を見極めることは出来ない。

孫子の兵法、『風林火山』の極意を見極めよ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

勝海舟『急いでも仕方がない。寝ころんで待つのが第一だと思っています。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

同じ人物の名言



『大事業をし遂げるくらいの人は、かえって世間から悪く言われるものさ。おれなども、一時は大悪人とか大奸物とかいわれたっけ。』

 

『何でも大胆にかからねばならぬ。難しかろうが、易しかろうが、そんな事は考えずにいわゆる無我の境に入って断行するに限る。』

 

『世の中に無神経ほど強いものはない。』

 

『大事をなすには寿命が長くなくてはいけないよ。』

 

『世の中は平穏無事ばかりではいけない。少しは不平とか不満とか、騒ぐもののあるほうがよい。』

 

『いまの世の中は、実にこの誠というものが欠けている。政治とか経済と言って騒いでいる連中も、真に国家を憂うるの誠から出たものは少ない。』

 

『坂本もなかなか鑑識のあるやつだよ。』

 

『生死を度外視する決心が固まれば、目前の勢いをとらえることができる。難局に必要なことはこの決心だけだ。』

 

『学者になる学問は容易なるも、無学になる学問は困難なり。』

 

『人の一生には、炎の時と灰の時があり、灰の時は何をやっても上手くいかない。そんなときには何もやらぬのが一番いい。』

 



↑ PAGE TOP