名言を自分のものにする

広告

 

 >  >  >

 

マザー・テレサ『家に帰って家族を大切にしてあげてください。』

マザー・テレサ


マケドニア修道女 マザー・テレサ画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


元々カトリックの修道女(シスター)だったマザー・テレサは、36歳のときに貧しい人々の中に入ることを決意。修道会を出て、貧民街に学校や孤児施設を作った。また、『死を待つ人々の家』を開設し、路上で死にそうになっている人を連れてきては、テレサがその手を握り締めて最期を看取ったことは、あまりにも有名だ。

 

そうした彼女の奉仕活動が認められ、1979年にノーベル平和賞を受賞することになるが、マザー・テレサは言ったのだ。

『わたしは受賞に値しないが、世界のもっとも貧しい人々に代わって賞を受けました。』

 

そして、賞金について、

『このお金でいくつのパンが買えますか』

 

パン

 

と聞いたという。

 

そして、インタビューで、

『世界平和のためにわたしたちはどんなことをしたらいいですか?』

 

と尋ねられたときに、マザー・テレサが言った言葉がこれだ。

『家に帰って家族を大切にしてあげてください。』

 

 

 

  • 関連ページ▼
  •  

    スポンサーリンク

     

    マザー・テレサの言葉を自分のものにする



    そう。これは、『灯台下暗し』。

     

    『いいですか?』と当たり前のように質問をする記者は、まるでマザー・テレサが平和の神であるかのような扱いをしていて、他力本願かつ無責任である。

     

    やれ『ノーベル賞』だとか、『世界的に有名』だとか、『周囲が騒いで注目を浴びているから』とか、そういう表層的な理由で彼女に近づくからそういう”ズレ”が起きるのだ。

     

    ハロー効果』とは、ある対象を評価をする時に顕著な特徴に引きずられて、他の特徴についての評価が歪められる現象のこと。

     

    つまり、彼女に”後で”近づいた人間など、物事の本質、つまり彼女が『なぜ奉仕活動をしていたのか』ということを、ろくに調べもせずに、何も考えないでインタビューをしたのだ。彼女がノーベル賞を受賞していなければインタビューをせず、彼女の活動も軽んじた。その浅ましい態度が”ズレ”となって反映されたのだ。

     

    世界平和とは、ノーベル平和賞を受賞した人が、何か特別な魔法をかけて実現させることではない。その記者も含めた70億人一人一人の心がけでしか、それを実現させることは出来ないのだ。

     

    マザー・テレサのようなノーベル平和賞を受賞するような人間は、ただひたすらその真理について、幾多の試練に屈することなく主張し続けただけなのである。

     

    答えは”外”にはない。自分の”心の内”にあるのだ。

     

     

     

     

    ※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

    著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

     

    シェア

     

    スポンサーリンク

     

    関連する黄金律

    黄金律

    この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

     

     

     

    2.『愛があれば全ては解決する。

    愛は没我であり、潤滑油である。円滑にいかない場所に愛はない。

    >>続きを見る

     

    36.『『一歩』の価値をどう評価するかで、その人間の人生は決まる。

    『コツコツ』という言葉が嫌いなら使う必要はない。『確かな一歩』を踏み続けろ。それは確かにたかだか一歩だ。だが、『確か』な一歩だ。


    >>続きを見る

     

     

    関連する記事

    黄金律

    『この世には、命よりも大事なものがある。しかし、それは『上』にあるのではない。だから、『命よりも上』という表現は相応ではない。『中心』にあるのだ。』

     

    黄金律

    『全ての人間が自分のやるべきことをやらないと、世界平和は実現しないのだ。 』

     

    黄金律

    『世界平和の実現に必要なのは『真理=愛=神』の図式への理解だ。』

     

    黄金律

    『真理(愛・神)から逸れれば逸れるほど虚無に近づく。』

     

     

     

    マザー・テレサ『家に帰って家族を大切にしてあげてください。』


    スポンサーリンク

     

    当サイト最重要記事

    黄金律

    8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

     

    黄金律

    『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

     

     

    偉人の名前や名言を検索

     

    おすすめ関連記事

     

     

    ↑ページの上部へ

     

    マザー・テレサ関連の書籍

     

    同じ人物の名言


    『あなたのごく近くに、愛情と優しさに飢えている人々がきっといます。どうぞその人たちを見捨てないでください。』

     

    『年寄りにとって、他人にしたらたわいもないことでしかないのですが、自身にとっては大切な昔の物語を聞いてもらうことが大きな喜びなのです。』

     

    『人は不合理で、非論理的で、利己的なものです。ですが、気にすることなく、人を愛しなさい。』

     

    『私たちにとって、清貧とは自由を意味しています。清貧こそは私たちの力であり、幸福の源なのです。』

     

    『もしも私たちが謙遜ならば、褒められようと、けなされようと気にしません。もし誰かがあなたを非難しても、がっかりすることはありません。』

     

    『祈りは信仰を生み、信仰は愛を生み、愛は貧しい人々の為への奉仕を生みます。』

     

    『貧しくなりたいと願って、貧しい人と同じような生活をしながら、同時に高価な物を捨てきれないでいる人々がいます。これは、ぜいたくとしか言いようがありません。』

     

    『富める国で中絶を合法化するところがあれば、その国は間違いなく、世界中で最も貧困な国です。』

     

    『彼らの努力を、これら無防備の人々へのいくばくかの食物、避難所、医薬、衣類に振り替えられたなら、世界は必ずやより平和で、より幸せなものになることでしょう。』

     

    『善い行いは、一つ一つ繋がって愛の鎖をつくってゆきます。』

     

    『共に住む人々をよりよく理解するために、自分自身をまず理解することがどうしても欠かせないのです。』

     

    『利己的な自分たちがそのような飢えと貧しさの原因なのだ。』

     

    『ガンジーは、キリストのことを知った時、興味を抱きました。しかし、キリスト信者たちに会って、がっかりしたそうです。』

     



    広告

     

    ↑ PAGE TOP