名言を自分のものにする

広告

 

> > >

 

『我々は永久に完成することはなく、そして最初から完成しているのだ。』

 

目次


  • 意味
  • 関連する黄金律
  • 関連する偉人の言葉
  •  

     

    意味


    人間が完成することは永久にない。『完成』というのは、全知全能の神になるということだ。全知全能というのは、この世の全てを支配できる能力を持っているということだ。

     

    そうなると当然、下記の図のように、

     

     

    ウロボロスの図(画像) 

     

     

    この様な『全ての規模』においてその力が十二分に通用しなければならず、これはいくら『人間が想像したことは、必ず実現できる』という言葉を言い放ったところで、どうにかなる問題ではないのだ。

     

    従って、永久に完成することなどない。どんなに突き詰めても人間はこの有限の一生の間では達成できることは矮小なのである。

     

    だが、それは『全知全能の神から見て』の意見だ。『いずれ散りゆく儚い命』の目線から見れば、

     

    『人生は儚い。だが、だからといってそれがくよくよと下を向いて生きていく理由にはならない。儚いからこそ尊いのだ。』

     

    ということになるのだ。

     

    宮沢賢治は言った。

    『永久の未完成、これ完成である。』

     

    アウラ』だ。

     

    それは、『儚いからこそ尊い』という価値を指し示す言葉だ。我々命は、『儚いからこそ尊い価値を持つ』のだ。

     

    だとしたら、これで完成している。永久に未完成で、いずれ散りゆく儚い運命にあるからこそ、完成しているのだ。

     

     

     

    シェア

     

    関連する黄金律

    黄金律

    この言葉に関連する『38の黄金律』

     

     

     

    8.『足るを知るは富む。足るを知らぬは貧しい。

    この世に闇があると思うなら、それは自分の目(心)に原因がある。


    >>続きを見る

     

    30.『人間は今、『最高到達地点』にいない。

    その『真理』は誰から見ての真理だ。人間なら当然完全ではない。


    >>続きを見る

     

     

    関連する偉人の言葉

    過去記事

    この言葉は以下の記事を通して浮かび上がったものです。

     

     

     

    林語堂『物事を完成させるという、尊い考え方と共に、手をつけずに放っておくという、尊い考え方もある。人生の知恵の本質は、不必要なものを取り除くことにあるのだ。』

     

     

     

    宮沢賢治『永久の未完成、これ完成である。』

     

     

     

     

    スポンサーリンク

     

    偉人の名前や名言を検索

     

    おすすめ関連記事

     

     

    ↑ページの上部へ

     

    広告

     

    ↑ PAGE TOP