名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  > > >

 

『人間が転落するタイミングは決まっている。『得意時代』だ。』(3ページ目)


黄金律

 

 

・⇐BACK(更なる詳細を追及する)

 

一致する偉人の名言

 

1.日本の指導者、渋沢栄一

  • 論語と算盤より

  • およそ人の禍は、多くは得意時代に萌すもので、得意の時は誰しも調子に乗るという傾向があるから、禍害はこの欠陥に食い入るのである。ならば、得意の時だからといって気をゆるさず、失意の時だからとて落胆せず、平常心を保つことを意識することが重要である。

     

    2.フランスの皇帝、ナポレオン

  • 『華々しい勝利から没落への距離は、ただ一歩にすぎない』
  •  

    3.アメリカの実業家、ヘンリー・フォード

  • 『どんな企業でも、お金を必要とするときが危険なのではなく、成功して楽に資金が調達できるようになったときこそ、危険なのである。』
  •  

    4.日本の経営者、鍵山秀三郎

  • 『私の同業者が全部つぶれたのは、 一時的な成功に惑わされて事業が成長するごとに大きくなるマイナス面に対応ができなかったからです。』
  •  

    5.日本の経営者、鈴木修

  • 『私には、会社経営について、ひとつの確信があります。 企業は一時的に順調でも、いつまでも順風満帆で成長していけるものではないということです。』
  •  

    6.共和政ローマの哲学者、キケロ

  • 『地位はますます高くなれば、いよいよ謙虚にならなければならない。』
  •  

    7.帝政ローマの哲学者、タキトゥス

  • 『繁栄は人間の心にとりて、不運以上にきびしき試練なり。人間は不幸に堪えられうるも、幸福には腐らさる。』
  •  

  • 『人間は地位が高くなるほど、足もとが滑りやすくなる。』
  •  

    8.イギリスの哲学者、フランシス・ベーコン

  • 『順境の美徳は自制であり、逆境の美徳は不撓不屈である。』
  •  

    9.古代ギリシャの哲学者、アリストテレス

  • 『人生はチャンスと変化に富んでいる。そして最も栄えているときに、人は大きな不幸に見舞われる。』
  •  

    10.中国の思想家、老子

  • 『禍福は糾える縄の如し。』
  •  

    11.日本の思想家、吉田松陰

  • 『人の心というものは、苦しめば奮い立ち、思うようになれば、怠けてだらけてしまうものである。』
  •  

    12.ドイツの哲学者、ニーチェ

  • 『轢かれる危険が最も多いのは、ちょうど一つの車を避けた時である。』
  •  

    13.フランスの作家、カミュ

  • 『転落は夜明けに起こる。』
  •  

    14.日本の作家、国木田独歩

  • 『富と功名!これ実に誘惑なり。吾は日々この誘惑に出あう。』
  •  

    15.古代ギリシャの詩人、イソップ

  • 『自惚れは自滅を招く。』
  •  

    16.オーストリアの詩人、リルケ

  • 『名声に打ち克つことの出来る孤独者は滅多にいない。彼はほっと安堵の顔をあげた途端に打ちのめされる。』
  •  

    17.アメリカの作家、ジョン・スタインベック

  • 『権力が腐敗するのではない。恐れが腐敗するのである。・・・おそらく権力を失う事への恐れが』
  •  

    18.イングランドの作家、シェイクスピア

  • 『慢心は人間の最大の敵だ。』
  •  

  • 『人より早く成功する奴は、ダメになるのも早い。』
  •  

    19.日本のタレント、明石家さんま

  • 『おまえはホント、自分のうまさにつまずくタイプやろね。得意なものにつまずくからなぁ、全員。』
  •  

    20.日本の武将、徳川家康

  • 『得意絶頂のときこそ隙ができることを知れ。』
  •  

    21.日本の武将、織田信長

  • 『生まれながらに才能のある者は、それを頼んで鍛錬を怠る、自惚れる。』
  •  

    22.イタリアの政治思想家、マキャベリ

  • 『天気のいい日に嵐のことなど考えてもみないのは、人間共通の弱点である。』
  •  

    23.日本の武将、武田信玄

  • 『もう一押しこそ慎重になれ。』
  •  

    24.日本のプロ野球選手、川上哲治

  • 『スランプというのは、好調なときにその原因が作られている。だから、好調なときが一番心配です。』
  •  

    25.日本のプロ野球選手、イチロー

  • 『すぐ、調子に乗るし、すぐ、自信も失ってしまう。その中間が欲しい。』
  •  

    26.日本のプロテニスプレイヤー、松岡修造

  • 『「安全と思うときほど危険なのでは?」と疑い、自分の心と体と対話して状態をチェックし、それに応じて休養をとるように心がけましょう。』
  •  

  • 『右肩上がりで好調のときに言われる苦言や忠告こそ、真剣に受け止めるべきです。』
  •  

    27.スイスの法学者、ヒルティ

  • 『高慢は常に破滅の一歩手前であらわれる。高慢になる人はもう勝負に負けている。』
  •  

    28.儒教の始祖、孔子

  • 『堕落するな。堕落の落とし穴は、下流にも上流にもある。』(超訳)
  •  

    29.古代ギリシャの哲学者の哲学者、ソクラテス

  • 『人間に関することに安定などないことを忘れてはならない。それゆえに、繁栄している時には過度の喜びを避け、逆境にある時には過度の落ち込みを避けなさい』
  •  

    30.仏教の開祖、ブッダ(釈迦)

  • 『傲慢に陥ると、すべて水の泡になると戒めれば、陥るわけにもいくまい』(超訳)
  •  

     

     

    ・⇐BACK(更なる詳細を追及する)

     

    シェア

     

    『人間が転落するタイミングは決まっている。『得意時代』だ。』(3ページ目)


    スポンサーリンク

     

    偉人の名前や名言を検索

     

    おすすめ関連記事

     

     

    ↑ページの上部へ


    広告

     

    ↑ PAGE TOP