『坂口安吾の言葉』を自分のものにしよう!

坂口安吾とは(画像

日本作家。坂口安吾は、日本の小説家・評論家で、純文学だけでなく歴史小説や推理小説など、さまざまなジャンルの作品を残しています。終戦直後に発表された『堕落論』や『白痴』により大きく評価されて、確固たる地位を築きました。1906年10月20日生まれで1955年2月17日に、48歳で没しました。高く評価されている反面、未完の長編や失敗作も多く、決して器用ではない作家だったというところも魅力の一つとしてあげられています。

彼の残した名言として「人間は生きることが全部である。死ねば全てなくなる。」というものや「人間の尊さというのは、自分を苦しめるところにある。」があります。達観した物言いですが、ある種の悩みを抱えたことがあるからこそという印象を受けます。

メニュー

内省記事一覧