『荀子の言葉』を自分のものにしよう!

荀子とは

中国儒学者。生誕紀元前313年
荀子は紀元前に活躍した中国の思想家です。後漢の荀攸は末弟と言われています。彼は「道は近しと言えども行かざれば至らず。事は小なりといえども為さざれば成らず」を始めとする名言を残しており、生まれは紀元前313年頃、死去は238年頃とされています。

 

荀子は性悪説でも知られている人物です。性悪説では、努力することによって善を知り、礼儀を正せると教育の重要性を説いています。荀子は中国の戦国時代末期に活躍し、斉に使えていました。その後は祭酒に任命されますが斉を去り、蘭陵の令となりました。荀子は数々の著作を残しています。著作は多岐に渡りますが前漢時代に整理されており、「孫卿新書」という名称で32篇にまとめられています。

儒教の始祖

 

儒教のその他需要人物

 

弟子

 

メニュー

内省記事一覧