『ヒト』を最適化しよう。

植物=自然=安全?ニキビ予防になるオーガニックコスメの効果とは

『オーガニックコスメ』は安全なのか

オーガニック的な商品を使うと、体によさそうなイメージですね。そういうもの、例えばコスメやスキンケア商品を使えば、ニキビにも効きそうです。『Q&Aでオーガニックを知ろう!』にはこうあります。

Q.オーガニックの意味はなにか?

A.オーガニックは、有機と同じ意味です。

農薬や化学肥料に頼らず、太陽・水・土地・そこに生物など自然の恵みを生かした農林水産業や加工方法をさします。オーガニックが広まることにより、人や動植物、微生物などすべての生命にとって、平穏かつ健全な自然環境・社会環境が実現します。

参考 オーガニック、有機の意味、無農薬との違い、有機農法、有機肥料|Q&Aページ知ろう!日本オーガニック&ナチュラルフーズ協会

 

オーガニックとは広い意味で、『人為的なものを取り払い、なるべく自然体で生きる』という意味です。人為的、つまり、人が手を加えたものに頼らないということですね。農薬や化学肥料などがそうです。例えば、下記の記事で再三再四考えたのは、『合成界面活性剤の有害性』です。

 

 

つまりこういうことですね。

 

STEP.1
『化粧水や美容液をつける』『顔のパックを当てる』
 
STEP.2
肌に水分を与えることで一時的に角質層の水分量は増す
 
STEP.3
角質層は過剰な水分が与えられることで水浸しの状態になり、結果的にはバリア機能を低下させる
 
STEP.4
皮膚は水分を失って乾燥肌になる
 
STEP.5
あるいは、皮脂が過剰分泌されニキビの原因となる。
 
STEP.6
乾燥肌が原因でニキビになる

 

つまり、化粧水というのは使えば使うだけ『化粧水依存体質』になり、美肌とは逆方向に進んでしまう事実があるのです。これは、見識があり、化粧品会社とズブズブの関係『ではない』公明正大な意見を言う人が、必ず言うことです。

 

化粧品に含まれる合成界面活性剤というスコップで皮膚に穴を掘り、一時的にその穴に水を溜めれば、水分があるように見えます。しかし、膜を失ったその穴にある水分は、すぐに蒸発して消えます。水溜まりがすぐに蒸発するのと同じです。すると、そこにあるのは『乾燥肌』です。バリア機能を失ったその肌は、抵抗力がなくなっていてニキビや肌荒れのリスクが高くなってしまうわけです。

 

 

 

化粧水にどうしても合成界面活性剤を入れなければならない理由は、『すべすべした実感を得られるから』という、『人間の実感重視』があるからです。

 

  • 良い香りがする
  • サラサラになる
  • もちもちになる
  • しっとりする
  • スベスベしていい感じ

 

等、人間というものはこのような『実感』を頼りに物事の善し悪しを決めるところがあります。ですから、マクドナルドが『安くて美味しい』のであれば、それが『良し』となるんですね。

 

 

つまり、商品を売るためにはそうした人々の『実感』に訴える必要があります。人々が意識できるところで、実感として効果を得られるものであれば、人々は、

 

この商品いい!

 

と感じることはできないのです。合成界面活性剤を使ってバリア機能を破壊すれば、一時的にその掘った穴の部分に美容成分を入れることができます。その一時的な成分の効果なら、すぐに人は実感することができます。しかし実際には、いくら外部からアプローチをしたところで角質層の奥深くに何かを浸透させることはできないのです。

 

それであれば、オーガニックコスメであれば、その合成界面活性剤を含めた有害物質を体内に取り入れる、あるいは塗布することを避けられそうです。界面活性剤や防腐剤など、有害物質はたくさんありますからね。

 

先生

とにかくこの合成界面活性剤が大きな問題だからね!オーガニックコスメはこれが入っていない印象があるけど!
ふむ!

ハニワくん

植物=自然=安全?

例えば、『植物系』のアイテムならどうでしょうか。『バカがつける化粧品―あなたの素肌は、20代で乾燥肌、30代で小ジワ、40・50代でカサカサ・シワシワ (危険警告!Books)』にはこうあります。

植物=自然=安全 だからこの化粧品も、という図式

シャンプー『植物物語』は合成洗剤だ!

植物と言えば誰でも自然を連想します。自然といえば安全を連想します。これお当然です。それを十分計算したうえで、この『植物物語』という名がつけられたのに違いありません。うまいですね。(中略)『植物物語』ははっきりいえば合成洗剤です。感触を良くした頭髪用の合成洗剤。安全だなんて、とんでもありません。合成界面活性剤で固めたその成分をご覧ください。この内容で、どうして自然を連想させる植物というイメージを付けることができるのでしょう。

 

ライオンが出している『植物物語』ですね。合成界面活性剤が入っています。したがって、『植物=自然=安全』という図式は成り立たないのです。

 

 

合成界面活性剤等の有害物質が入っているかどうかを調べるサイト『美肌マニア』で調べると、合成界面活性剤や防腐剤が入っているかどうかがわかります。『オーガニック』うんぬんで判断するのではなく、直接このサイトで調べたり、もしこのサイトに載っていなくても、『その視点』で商品を見極めるのが最善だと言えるでしょう。

 

参考 化粧品成分データサイト美肌マニア

 

先生

ここでは植物物語を挙げているけど、もっとたくさんあるよね!それらすべてが同じ考え方ができるということさ!
うーむ、なるほど!

ハニワくん

 まとめ✔
  1. オーガニックとは広い意味で、『人為的なものを取り払い、なるべく自然体で生きる』という意味。
  2. 化粧水にどうしても合成界面活性剤を入れなければならない理由は、『すべすべした実感を得られるから』という、『人間の実感重視』があるから。
  3. 『植物=自然=安全』という図式は成り立たない。

 

1 2 3 4