名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

> > >

 

カテゴリー『法』

※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、オーナーが独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

 

 

『法は、善人のために作られるものではない。』

 

法は、善人のために作られるものではない。法とは、人間が秩序を保つために、その秩序と混沌との境界線を引いたものだ。たしかに、正直者が馬鹿を見るというように、善人に対しては、なにか特別な施策を施さなければ、彼ら善人が哀れでならないような気はする。

>>続きを見る

 

『悪法も、また、法なり。』

 

『悪法も、また、法なり。』この意味は、悪い法律であっても法は法であるから、通用している間はそれを守らなければならないということ。

>>続きを見る

 

『法を犯してしまうより、命を侵される方が良い。』

 

『犯す』という言葉は、法律、規則、倫理、そして信念などに反した行為をすること。『侵す』という言葉は、権利を損なわせる、損をさせる、侵害するということ。

>>続きを見る

 

『この貧しい善きことのみを行ったソクラテスに与えられるものは、刑罰ではない。』

 

ソクラテスは自分の命を決める裁判の、その弁明で言った。『この貧しい善きことのみを行ったソクラテスに与えられるものは、刑罰ではない。それとはまったく逆のもの。『ご褒美』であるべきなのだ。』

>>続きを見る

 

 

広告

 

↑ PAGE TOP