名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

> > > >

 

ブッダ『別にこう言う必要はないが、内省する人は瞑想者(ヨーギ)と呼ばれるに相応しい。』


ブッダの言葉


仏教の開祖 釈迦(画像

 

大きい責任を負っていればいる人間ほど、朝他の人より30分早く起き、ウォーキング、瞑想、日誌、禅などを通して内省する。試しにPRESIDENT辺りの雑誌を買って、トップ経営者たちのスケジュール特集を読むと良い。自分の内面と向き合う時間を確保しなければ、たちまちのうちに自分の『魔性』に身体を支配され、気づいたら大参事への第一歩を踏み出しているということになりかねない。

 

自分の責任が重いと自覚している人は、『後始末では遅い』ことを熟知している。つまり『前始末』以外には始末など認められないということを理解しているのだ。何かが起きてからでは遅い。起きる前から前始末として内省し、まずは司令塔である自分自身の『魔性』をチェックする。

 

強欲や傲慢に傾いていないか。怠惰や憤怒に支配されていないか。それを支配し、『魔性⇒聖性』へ傾けるように、常にメンテナンスをする。公明正大であるか。根底に愛を忘れていないか。憂いを防ぐ備えは万全か。車を車検に出すように、人間もメンテナンスをしなければ、整備不良が原因でたちまち不祥事が巻き起こるだろう。

 

人間の場合、車よりも圧倒的に『汚れ(魔性)』が染みつきやすい。毎日の点検・メンテナンスが求められている。それが内省の時間なのである。

 

ブッダは、そうやって自分の内面を見張り続ける人は、『瞑想者(ヨーギ)』と呼ばれるに相応しいと言う。別にこの言葉を使って無駄に混乱するならすぐに忘れていいが、人として崇高なことをやっていると太鼓判を押されたと考えると、悪い気はしないだろう。

 


なにより、何かが起きてからでは遅い。起きる前から始末する『前始末』の能力が、責任者には問われているのだ。そして往々にして人とは、『責任者』である。

 

 

参照:法句経23

 

※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、オーナーが独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

6.『自分の心と向き合った人間だけがたどり着ける境地がある。

孤独な時間を『孤高の時間』に昇華させることが出来るかどうかだ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

ブッダ『別にこう言う必要はないが、内省する人は瞑想者(ヨーギ)と呼ばれるに相応しい。』


偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

スポンサーリンク

 

同じカテゴリーに属する他の記事


『たった一度のこの人生。あなたが選んだ道は、その歩きがいのある道か。誇りを持て。』

 

『たった一度のこの人生。あなたが選んだ道は、そのくだらない道か。恥を知れ。』

 

『安らぎが欲しければ、その外に向けた目を、内に向けよ。』

 

『自分の心を支配せよ。支配出来ない?犬猫は支配しているのに?』

 

『自分の心から目を逸らす一切の娯楽は、現実逃避だと思え。』

 

『自分の心の声を絶対に誤魔化すな。』

 

『自分の欠点を包み隠さず言える人間が本物だ。それ以外は偽物だ。』

 

『子供への執着は誰にでもあると思う。そして、この世の苦しみも、誰もが味わっていると思う。…ということは』

 


広告

 

↑ PAGE TOP