名言を自分のものにする

広告

 

> > >

 

豊臣秀吉 名言/格言

豊臣秀吉

 

豊臣秀吉とは(画像

日本武将通称『三英傑』。豊臣秀吉は1537年3月17日生まれ、1598年9月18日に没した日本の戦国大名です。日本国内ではその名を知らない人はいないというほど知名度が高い戦国武将であり、織田信長徳川家康と並んで三英傑と呼ばれることもあります。最大の特徴としてはその出自で、農民の出とされています。実力さえあれば上り詰めることがでる立身出世の象徴として、農民から天下人へと至ったその足跡は伝記を始めとしてドラマや映画などでも取り上げられることが多い人物でもあります。側近だった黒田官兵衛も、近年知名度が上がりました。

 

元々は織田信長に仕えていた一大名でしたが、明智光秀の起こした謀反、本能寺の変の際、当時攻めていた中国地方の毛利氏と早々に講和をまとめ、中国大返しと呼ばれる迅速な軍団移動で事件のあった京にすぐさま引き返し、山崎の戦いで明智光秀を打ち破り、その後の政争にも勝利して織田信長の後継者として天下に君臨することになりました。ただその栄華は一代限りで、秀吉の没後は徳川家康が台頭し、幕府を築きます。

 

豊臣秀吉の名言としては、いつも前に出ることがよい。そして戦のときでも先駆けるのだ、というものがあります。飽くなき向上心を感じさせる言葉として本人の生き様を象徴しています。チャンスを逃さない、自身をしっかりとアピールするという、現在の処世術にも通じるような自己演出を行うために重要なことがこの言葉に含まれているともいえます。戦での腕っ節ではなく、如何に取り立てられるかということに重きを置いた言葉として、多くの人に影響を与えています。

 

豊臣秀吉関連の書籍

 

 

 

スポンサーリンク

 

豊臣秀吉の言葉


 

『金を溜め込んで使わないのは、良い侍を牢屋に入れておくことと同じ。』

 

カテゴリー:お金/資産

徳川家康 、織田信長と並ぶ三英傑。日本の戦国武将である。この言葉、秀吉が金銀を気前よく部下や民衆に与えるのはなぜかと家臣が聞いた時の言葉だという。

>>続きを見る

 

『主人は無理を言うなる者と知れ。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

『主人』と聞いて真っ先に思いつくのは『仕える相手』。だが今の世では、妻が夫に対し『主人』と言っている人間の中に、『そのワードを言いたい』というだけの理由の人も大勢いる。

>>続きを見る

 

『元来人を斬ることが嫌いの性分であるが、覚悟がなおも直らないお前を、他国に行かせたのでは、恥の上にも一門の恥さらしとなるから、人手にかけず、秀吉のこの手で殺してやろうぞ。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

マツモトキヨシの創業者の実家では、正門をくぐれるのは、創業者である松本清その人だけである。この考え方は古風でも何でもなく、『相応』だ。この発想が普通なのだ。

>>続きを見る

 

『誰であろうとも、忠義のためにこの世を去った者に対しては、その後継ぎを立てて、一家の絶えないようにしてやらねばならない。』

 

カテゴリー:教育/愛情

忠義の為にこの世を去った者は、尊い。では、そうでない者の命は尊くないのか。そういう疑問が頭に浮かんでくる。

>>続きを見る

 

『信長公は勇将であるが良将ではない。』

 

カテゴリー:知性/知恵

信長公は勇将であるが良将ではない。剛を持って柔に勝つことを知ってはおられたが、柔が剛を制することをご存じなかった。ひとたび敵対した者に対しては、怒りがいつまでも解けず、ことごとく根を断ち葉を枯らそうとされた。

>>続きを見る

 

『諸国が平和で静かによく治まっているように見えても、(中略)、長期陣営の心構えが大切である。』

 

カテゴリー:知性/知恵

『諸国が平和で静かによく治まっているように見えても、あらゆる武備について、御油断あることなく、武具やその他兵糧に対する嗜みも、秀吉のやったように行ない、 もし出陣するような事になったならば、用意万端整え、兵糧も十分に支度した上で、長期陣営の心構えが大切である。』

>>続きを見る

 

『決してえこひいきなく道理にかなっていること道理にかなっていないことをさばき、たとえそれが兄弟や親族であろうとも、罪のある者は処罰せねばならない。』

 

カテゴリー:教育/愛情

『天下を治める上から、掟を厳正に定めてほしい。そして、その掟に少しでもそむく者がでてきたら、決してえこひいきなく道理にかなっていること道理にかなっていないことをさばき、たとえそれが兄弟や親族であろうとも、罪のある者は処罰せねばならない。』

>>続きを見る

 

『家康は愚か者だ。が、油断のならない愚か者だ。』

 

カテゴリー:知性/知恵

この発想が出来る人が珍しい。多くの人は、『見誤る』。そして、見誤るということがどういうことかすら、理解していないのだ。

>>続きを見る

 

『人はただ、さし出づるこそ、よかりけれ 戦のときも先駆けをして』

 

カテゴリー:知性/知恵

徳川家康も、『一手の大将たる者が、味方の諸人の「ぼんのくぼ」を見て、敵などに勝てるものではない。』 と言ったが、大将たるもの、自ら率先して戦に臨み、その背中を部下に見せなければ、部下は、何を見て、何のために、どう戦えばいいのかわからない。

>>続きを見る

 

『いくら謙信や信玄が名将でも、俺には敵わない。彼らは早く死んでよかったのだ。生きていれば、必ず俺の部下になっていただろう。』

 

カテゴリー:知性/知恵

『自分は生まれながらに他人を支配する人間だと密かに自分に言い聞かせることによって、人間は計り知れない力を身につけることが出来る』

>>続きを見る

 

『側に置いておそろしい奴は、遠くに飛ばす。』

 

カテゴリー:知性/知恵

『出る杭は打たれる』的な、有能な部下に組織を乗っ取られる、ということも当然考えられるが、それは常として出ている考え方なのでここでは違う方向で考える。

>>続きを見る

 

『障子を開けてみよ。外は広いぞ。』

 

カテゴリー:自己/精神

かつて私は、地元密着型の人間だった。遊ぶ場所、食べる場所、出かける場所が全て地元なのだ。公園、ゲームセンター、スポーツジム、銭湯、カラオケ、スーパー、ファーストフード、レストラン、全てそこで済ませていた。

>>続きを見る

 

『負けると思えば負ける、勝つと思えば勝つ。逆になろうと、人には勝つと言い聞かすべし。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

『やってみないうちから諦めるのかい?私たちは高い目標を持っているからこそ、これほど多くのことをやり遂げられるんだ。』

>>続きを見る

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP