名言を自分のものにする

広告

 

> > >

 

大前研一 名言/格言

大前研一

 

大前研一とは

日本経営コンサルタント。生誕1943年

 

大前研一関連の書籍

 

 

 

スポンサーリンク

 

大前研一の言葉


 

『アウトプットすることでその情報は批判され、咀嚼され、さらに磨かれていく。』

 

カテゴリー:自己/精神

『他人の見方を覚えるのではなく、自分の頭に思考の脈絡を持って取り入れることだ。そのとき、そのときに自分の考えを加えて、棚の情報を整理する。そうすることで、ものごとに対する見方がどんどん変わってくるし、広がっていく。情報の感度も絶対に高まる。

>>続きを見る

 

『情報が本当に自分の血となり肉となるためには、その情報を自分で加工しなければならない。』

 

カテゴリー:自己/精神

手に入れた一次情報の意味を考え、ときに疑い、ストックした情報と照らし合わせて、栄養のある情報だけを吸収して自分の中に取りこみ、あとは捨てる。というプロセスが必要なのだ。』

>>続きを見る

 

『日本はもう日本一になった、アメリカなどから学ぶものがないと驕り、次第に内向きになっていった。』

 

カテゴリー:自己/精神

例えば、今日本人は、英語を喋れないことで、甚大な機会損失を起こしている。インドや中国でもどこでも、世界共通語を喋れる人とそうでない人とでは、グローバルな活躍の際、雲泥の差をつけてしまっている。

>>続きを見る

 

『仕事漬けになるのが嫌なら、先に趣味やレジャーの予定をスケジュールに入れて段取りを組めばいい。』

 

カテゴリー:知性/知恵

そもそも、『仕事漬け』にはならない。なると考えているのは、『仕事』という概念に支配されている人間だ。

>>続きを見る

 

『世の中にはネットやメディアだけではたどりつけない情報がある。自分の足で調べなければ気づかないことがあるのだ。』

 

カテゴリー:知性/知恵

知的好奇心を持つ第三者の目で行動し観察・思考することも、「気づく力」につながる大事な要素ではないかと思う。』

>>続きを見る

 

『アウトプットすることでその情報は批判され、咀嚼され、さらに磨かれていく。』

 

カテゴリー:知性/知恵

情報というものは、一方的に垂れ流されているものであり、だとしたら、そこにはどこかの誰かが、恣意的に捻じ曲げた、歪曲した情報がある可能性がある。

>>続きを見る

 

『幕の内弁当のような雑誌は栄養にならない。』

 

カテゴリー:知性/知恵

例えば私がダイエットについて、新しい情報を取れ入れる、あるいは再確認したいことがあるなら、迷わず『Tarzan』を買う。そこに働いているのは、『信用力の法則』である。

>>続きを見る

 

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP