名言を自分のものにする

広告

 

> > >

 

ディケンズ 名言/格言

ディケンズ

 

チャールズ・ジョン・ハファム・ディケンズとは(画像

イギリス作家。生誕1812年

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

ディケンズの言葉


 

『誰のためであれ、人生の重荷を軽くしてあげる人であれば、その人は無用の人ではない。』

 

カテゴリー:人生/生死

もちろんそうだ。これに反論する人がいるのかどうか考えたが、いないだろう。だが例えば、私の部下で考えてみた。

>>続きを見る

 

『病気や悲しみも人にうつるが、笑いと上機嫌ほどうつりやすいものもこの世にないのだから、物事は美しく正しくりっぱに調整されているものである。』

 

カテゴリー:自己/精神

イギリスの小説家、ガイ・べラミイは言った。『命とは、セックスで感染した病気である。』あるいはニーチェは、

>>続きを見る

 

『私は、時間厳守、整理整頓、 勤勉の習慣なくして、また、一時に一つの事に専念するという決意なくしては、私のしてきたことを決して成し遂げられなかった。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

森鴎外は言った。『一匹の人間が持っているだけの精力を、一事に傾注すると、実際、不可能な事は なくなるかも知れない。』マックス・ヴェーバーも、

>>続きを見る

 

『誰もがたくさんもっている、今の幸せに目を向けなさい。誰もが少しはもっている、過去の不幸は忘れなさい。』

 

カテゴリー:不幸/失敗

誰もがたくさんもっている、人生の賜物はなんだ。誰もが経験しているはずの、過去のちっぽけな不幸はなんだ。

>>続きを見る

 

『別れの痛みは、再会の喜びに比べれば、何でもない。』

 

カテゴリー:自己/精神

西洋の諺にはこうある。『別れることがなければ、めぐり逢うこともできない。』

>>続きを見る

 

『この世に生きる価値のない人などいない。人は誰でも、誰かの重荷を、軽くしてあげることができるのだから。』

 

カテゴリー:自己/精神

このディケンズの言葉はあえて、ルフィ『生きたいと言えぇ!!』 ロビン『生ぎたいっ!!!!』

>>続きを見る

 

『病気や悲しみも人にうつるが、笑いと上機嫌ほど、うつりやすいものもこの世にない。』

 

カテゴリー:自己/精神

つまりこういうことだ。『自分の目でものを見て、自分の心で感じる人間がいかに少ないことか。』

>>続きを見る

 

『涙を流すことを、恥と思う必要は全くない。』

 

カテゴリー:自己/精神

私は恥だと思っていた。涙を流すたびに、『男のくせに』という雰囲気が漂い、親からも、誰からも女々しくて弱弱しい、頼りない人間だと揶揄され、まるで、男がその方向に行くことは、敗北を意味するような風潮があったのだ。

>>続きを見る

 

『自分がしてほしいと思うことを人に施す努力をせよ。もし相手がそうしてくれなくても、がっかりする必要はない。あなたが相手をがっかりさせるよりはずっといい。』

 

カテゴリー:自己/精神

まず最初に、数という単純計算で考えても、相手と自分、その2人がいて、そのうちの2人共がガッカリするより、1人だけガッカリした方が、得をしている。

>>続きを見る

 

『今日できることを明日にしてはいけない。遅延は時間の盗人だからだ。』

 

カテゴリー:時間/運命

ここに載せるべき三人の偉人の言葉はこれだ。ベンジャミン・フランクリンは言った。『今日という一日は明日という二日分の値打ちを持っている。』

>>続きを見る

 

『私は、人類のために、社会の幸福のために、働くべきだったんだ。』

 

カテゴリー:人生/生死

『私は、人類のために、社会の幸福のために、働くべきだったんだ。』 この言葉はぜひとも、ジョージ・エリオットのこの言葉と一緒に考えたい。

>>続きを見る

 

『涙は肺を開き、顔を洗い、目を潤し、気持ちを落ち着かせる。さあ、泣こう。』

 

カテゴリー:自己/精神

涙は何らかの、『スイッチ』である印象を受ける。そのスイッチを押すと、なにかこう、リセットされたかのような、モードを切り替われたような、そんな感覚を得ることになるからだ。

>>続きを見る

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP