名言を自分のものにする

広告

 

 >  >  >

 

安岡正篤『人間が進歩向上する一番大切なことは敬する心を発達させることであり、それによってはじめて恥を知ることができる。』

安岡正篤


日本哲学者 安岡正篤画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


『人間が人間たる意義を求めるならば、まず敬するという心を持つことである。人間が現実にとどまらないで、限りなく高いもの、尊いもの、偉大なるものを求めてゆく、そこに生ずるのが敬という心である。

 

 

この敬の心が発達してくると、必ず相対的に自分の低い現実を顧みてそれを恥ずる心が起こる。人間が進歩向上する一番大切なことは敬する心を発達させることであり、それによってはじめて恥を知ることができる。』

 

以前、ヨルタモリでタモリが言っていたのは傾聴に値する話であった。ウイスキーの話をしていたのだが、詳細は覚えていないが、内容はこういうものだった。

 

 

 

  • 関連ページ▼
  •  

    スポンサードリンク

     

    安岡正篤の言葉を自分のものにする



    『一番いいものをまず知ることだ。そうすれば、何が本物で、何が偽物かということに対する見識がつく。』

     

    本物のウイスキーは、安物の様に、臭みや癖が全くなく、何の滞りも無く、スッと飲めるのだと言う。その話から始まって、そういう話になったのだが、私は、その話のエッセンス(本質)たるものが、極めて重要であると思い、神経を集中させて、聞いていた。

     

     

    例えば私は、『四聖』に数えられる、

     

    孔子

    孔子

    ソクラテス

    ソクラテス

    ブッダ

    ブッダ

    キリスト

    キリスト

     

    彼らを人生の師とし、ヤスパース同様、『人間に基準を与えた偉人』として数えている。安岡正篤も、孔子の教えをまとめた『論語』を聖典としていたわけだが、つまり、こと人間に関する知性おいては、彼ら以上の人間はいないのだから、彼らの話を聞けばいいのである。

     

    彼らが良しとするものが何であるか、また、彼らが悪しとするものが何であるかを知れば、話は早いのである。そうすることによって、彼らが教えたその『道』から『逸れた』なら、それは、『恥』だと断定できるわけだ。

     

     

    ※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

    著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

     

    シェア


     

    スポンサーリンク

     

    関連する黄金律

    黄金律

    この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

     

     

     

    14.『人の評価に依存することの愚かさを知れ。依存しないなら強い。

    人間には、理解できる範囲とできない範囲がある。では、その事実を受け、どうするかだ。


    >>続きを見る

     

    15.『人間が戦うべき相手は外にはいない。『内』にいるのだ。

    確かに人間は、闘わなければならない。だが、その相手は『外』にはいない。


    >>続きを見る

     

     

    関連する記事

    黄金律

    『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

     

    黄金律

    『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

     

    黄金律

    『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

     

    黄金律

    『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

     

     

     

    安岡正篤『人間が進歩向上する一番大切なことは敬する心を発達させることであり、それによってはじめて恥を知ることができる。』


    スポンサーリンク

     

    当サイト最重要記事

    黄金律

    8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

     

    黄金律

    『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

     

     

    偉人の名前や名言を検索

     

    おすすめ関連記事

     

     

    ↑ページの上部へ

     

    安岡正篤関連の書籍

     

    同じ人物の名言


    『少数の真剣な求道者のみが時制の運命を徹見し、社会を善導することができる。』

     

    『積み上げて自分の身ほどの書物は、毎年読み続けるくらいの心がけが、人物を磨いていくのである。』

     

    『道に志したなら、衣食がたとえ粗末であっても気にすることはない。』

     

    『他人が見ても心地よい表情や態度を心がけて、感情の乱れを表に出してはいけない。』

     

    『細心の注意を払い、実行する大胆さを持て。』

     

    『人々の楽しみの後に自分は楽しめ。』

     

    『人を観るときは、前より後ろから観るのがよい。前はつくろえるが後ろは誤魔化せないからだ。』

     

    『人物が偉大であるほど立派な環境を作る。人間ができていないと環境に支配される。』

     

    『皆が利を求めて行動するようになると、お互いに忌みあい、必ず人間関係、人間の生活、人間の事業というものを壊してしまう。』

     

    『人間はまず自己を得なければいけない。人間はまず根本的に自己を徹見する。これがあらゆる哲学、宗教、道徳の、基本問題である。』

     

    『人間の自由は物質的満足の得られることにあるのではない。窮しても苦しまず、憂えても意哀えざるにある。』

     



    広告

     

    ↑ PAGE TOP