名言を自分のものにする

広告

 

 >  >  >

 

手塚治虫『ぼくのマンガというのは教科書なんですよ。教科書というのは、読んでワクワクするほど面白いもんじゃないし、面白すぎても困るわけ。』

手塚治虫


日本漫画家 手塚治虫画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!


 

 

考察


そもそも、『面白い』と感じるシーンは、読み手によって千差万別である。日常的な何気ないうっかりミスが面白いと思う人もいれば、そんなことでは満足せず、おやじギャグや、一発逆が連発するギャグマンガが面白いと言う人もいる。

 

更に言えば、人の首が簡単に跳ねたりするうくらい刺激出来ではないと、面白いとは思わないという人もいる。ということで、十人十色だ。それが虚ろな人間の感情というものである。

 

だとしたら、その『どれ』に照準を合わせて描けば『面白い漫画』を作れるかということになる。もちろん、その一つ一つに絞って、ユーザー層をターゲティングし、コアな顧客を獲得するという戦略もあるだろう。

 

しかし例えば『結果論』的なイメージで、

(あの漫画は、読んでいる最中、別に対して笑いは無かったのだが、どうも心に残って、次の作品も見たくなるんだよなあ)

 

という感覚を読み手に植えつかせる様な、ここで言う『教科書』のような作品は、とても『面白い』作品である。

 

何しろ『面白い』というのは『ユニーク』という意味で、『ユニーク』というのは違う意味で『たった一つ、唯一』という意味でもあるわけだが、どこにでもありそうな容易なギャグマンガを描いて、短絡的に笑いを誘って、『面白い』と思わせるのではなく、『ユニークさ(唯一無二)』のずば抜けた見解で持って、真理を突き、妙に説得力があって、自然と内省を始めてしまうようなテーマを描き、終わった後に心に残って、消えず、読み手の糧になるような、そういう漫画はとても、『面白い(ユニークな)』作品である。

 

安易な面白さを追求したのではなく、『ユニークさ』を追求して描かれた漫画は、数十年経っても心に残って、消えることは無い。

 

私がそうだ。彼の『ブラック・ジャック』のことは、永久に忘れないだろう。20年経った今、内容そのもの自体は、あまり覚えていない。しかし、あの漫画が、それを通して世に何を訴えたかったか、という深遠なテーマは、当時小学生だった精神未熟な私が判断しても鮮烈で、今も尚心に残って、消えないのである。

 

 

私も本当にたくさんの漫画を読んできた方だ。だが、手塚作品ほど自分の心にえぐって入り込んだ作品は、そうなかった。そういえば、今私の手元には、手塚治虫の『ブッダ』のDVDがレンタルされて、置いてある。

 

この様にして、人生を真剣に生きるようになった今、無意識に手を伸ばしている。これが、手塚治虫の『教科書』たる所以なのかもしれない。

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア


 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

25.『自分のものに出来ない知識は、自分の知識とは言えない。

知識と知恵は違う。それを理解するのが知性だ。


>>続きを見る

 

26.『簡潔、単純、シンプルが知性だ。

簡潔に出来ないならそこに知性はない。シンプル・イズ・ベストだ。


>>続きを見る

 

27.『基礎工事をしない建築物、基礎土台をおろそかにする人間。どちらもその限界は、知れている。

基礎・準備期間を怠るキリギリスは、アリよりも明るい将来を望むな。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

手塚治虫『ぼくのマンガというのは教科書なんですよ。教科書というのは、読んでワクワクするほど面白いもんじゃないし、面白すぎても困るわけ。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

手塚治虫関連の書籍

 

同じ人物の名言


『30分も眠るとつらくなるから、10分で起こしてください。』

 

『漫画の含む笑いの要素は、いちばん高級なやつでなければならない。猿の笑いと一緒くたでは困る。』

 

『「ダメな子」とか「わるい子」なんて子どもは、ひとりだっていないのです。もし、そんなレッテルのついた子どもがいるとしたらそれはもう、その子たちをそんなふうに見ることしかできない大人たちの精神が貧しい。』

 

『あと40年ぐらい書きますよ。アイデアだけは、バーゲンセールしてもいいくらいあるんだ。』

 

『親の暴力が一概に悪いとは決して言わないが、子供が納得する暴力でなければならない。子供が親の予想以上に高い判断力を持っている事を、まずは理解しなくてはいけない。』

 

『医学の「進歩」も、自然破壊の一種かもしれない。』

 

『生活とか生存に困難な場所に生きる生物ほど、生活力・繁殖力への渇望が強くなる。人類の存亡が問われるような時、大変な数の人間が、超能力を発揮できるんじゃないか。』

 

『円周率とか1、2、3、というのは、地球だけの真理であって、宇宙にはそれとは違う、まるっきり想像を絶した、知識の体系があるかもしれない。』

 

『人間は、果てしなく賢明で、底しれず愚かだ。』

 

『人間は、生きている間に、なぜもっと素晴らしい人生を送らないのかなぁ。素晴らしい満足しきった人生を送れば、死ぬ時にそんなに苦しまなくたっていいんだろうなぁ。』

 

『合理化はゆとりや遊びの空間を消して、むしろ人を遠ざけることになります。』

 

『今日素晴らしいアイデアを思いついた!トイレのピエタというのはどうだろう。』

 



広告

 

↑ PAGE TOP