名言を自分のものにする

広告

 

> > > 創世の書

 

カテゴリー『創世の書』

※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、オーナーが独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

 

 

『虹の存在理由を忘れたか。虹は、この星が今日も無事であることを知るためのサインだ。』

 

 第9章

聖書には『虹は私がノアに向けたサインだ』と書いてあり、ノアとは、『ノアの箱舟』のノアなわけだが、彼が背負った使命は、地球に住むすべての生命を守るというものである。

>>続きを見る

 

『男と女には原則の役割がある。』

 

 第3章

女は痛みに耐えながら、子を産む使命を背負っている。男はそれが出来ない。

>>続きを見る

 

『争いや破壊をさせるために人間をリーダーにしたのではない。-Part.3』

 

 第6章

私はこのPart.1に、しかしそうは言っても人間がもうずいぶん長い間、地球に君臨し続けている。それはどうしてだろうか。

>>続きを見る

 

『未熟な人と想像力の足りない人は、自分で体験しないと理解できない性質を持っている。』

 

 第1章

例えば風邪をひいている人や体調を崩している人がいても、10代の頃なんかは、別に興味が持てなかったりすることがある。

>>続きを見る

 

 

広告

 

↑ PAGE TOP