名言を自分のものにする

広告

 

> > > >

 

ブッダ『五蘊盛苦(ごうんじょうく)。それすなわち、代表する5つのパーツ全てに、苦しみが満ちている悟り。』


ブッダの言葉


仏教の開祖 釈迦(画像

 

身体。
神経組織、
記憶、
電磁気エネルギー、
情報インプット機能。

 

これらがなければ人間は機能しないが、これらすべてに、『苦しみ』が満ちている。

 

それはそうだ。例えば『身体』に苦しみが満ちていなければ、その逆で快楽が向上する一方であれば、人はいずれ宙に浮くだろう。それぐらい超人的な肉体に辿り着く。だが、そうじゃないなら、むしろ『減退』している。すり減っているのだ。だから『超人的』とは逆の方向に進んでいる。その他の4つも同じことだ。これは当たり前のことで、子供の方がむしろこのことを声を大にして言っているだろう。

 

大人になると『他人ごとではなくなる』為、目を逸らしがちになる。しかし、これが真理だ。憂う必要はない。憂うのではなく、『ではどうするか』を考えるのだ。私なら、この長距離走のレースが、残りわずかだと知ったなら、悔いの無いように全力で走り、次にバトンを渡す。

 

 

参照:長部経典『大念処経』

 

※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、オーナーが独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

9.『他と違うことは恥ではない。誇りだ。

他と異なることで迷うことなど何もない。元より、唯一無二の命なのだ。例えば、それだけでそこには競争優位性がある。


>>続きを見る

 

10.『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。

生命が、その命を度外視してなし得ることは、尊い。


>>続きを見る

 

11.『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。

自分のこの命を何と心得る。この広漠とした果てしない宇宙、過去、未来永劫という甚大な規模において、唯一無二なのだ。


>>続きを見る

 

12.『『生きる』ということの本当の意味とは。

『生きる』というのは命の躍動だ。命の浪費ではない。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『人生は儚い。だが、だからといってそれがくよくよと下を向いて生きていく理由にはならない。儚いからこそ尊いのだ。』

 

黄金律

『我々は『たった一度の人生を生きている』のだ。』

 

 

黄金律

『よいお年を?違う。悔いのない人生を。』

 

 

黄金律

『このたった一度の人生で、悔いが残らないと心底から思える道を知っているのは、この世でたった一人だ。』

 

黄金律

『この世に決まったレールなど最初からない。あるのは地球だ。そして命の日数だ。その中でどう生きるかだけだ。』

 

黄金律

『我々は、老年になる為に生きているのではない。命を使い切る為に生まれたのだ。』

 

 

 

 

ブッダ『五蘊盛苦(ごうんじょうく)。それすなわち、代表する5つのパーツ全てに、苦しみが満ちている悟り。』


偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

スポンサーリンク

 

同じカテゴリーに属する他の記事


『死体は、目を逸らす物体ではない。内観へのきっかけである。』

 

『その欠乏感を解消するのは簡単だ。執着をやめるだけだ。』

 

『未練。これこそは、人間の醜い心の在り方。』

 

『3が来たなら、その前に1と2があったはずだ。それを理解すれば支配はすぐそこだ。』

 

『愛別離苦(あいべつりく)。それすなわち、人生は自分の思い通りにならないという悟り。』

 

『怨憎会苦(おんぞうえく)。それすなわち、生きていれば嫌われることも苦しむことも避けられないということ。』

 


広告

 

↑ PAGE TOP