目次

ウォルト・ディズニーの名言・格言一覧

アメリカ実業家通称『ミッキー・マウスの生みの親』。ウォルト・ディズニー画像

名言一覧

20個あります

『人だよ。ここを人で埋める。そうしたら本当のショーが始まるんだ』

『好きなことだけのめり込み過ぎないように。そうすると他の分野への冒険ができなくなってしまう。自分の好きなもの以外、見えないようにするのは愚かなことだ。』
『私は自分の作品を「芸術品」と呼んだことはない。私の作品は「エンターテイメントを作るビジネス」である。』
『私は夢を見て、夢を信念とし、あえてリスクを背負い、夢をかなえるためにビジョンを実行してきた。夢を見ることができれば、実現することができる。』
『成功する秘訣を教えてほしい、どうすれば夢を実現することができますかとよく人から尋ねられる。自分でやってみることだと私は答えている。』
『私たちは決して忘れてはならない。すべての始まりが一匹のネズミからだったということを。』
『やってみないうちから諦めるのかい?私たちは高い目標を持っているからこそ、これほど多くのことをやり遂げられるんだ。』
『ディズニーランドは子供たちだけのものじゃない。私は相手に合わせてレベルを落としたりはしない。』
『私は常に改革者であることを信条としている。あなたが自分の言ったことを繰り返すのは嫌なように、私は自分の映画を作るのは好きではない。』
『なにかをスタートさせたいなら、口を閉じてとにかくやり始めることだ。』

10。
『新しいことについて考えるときは、それについて本当に研究しなさい。見かけのアイデアだけでなく、それに関するすべてのことを調べなさい。』
『いい作品を作ろうとするのなら、自分のスタッフを訓練する必要がある。』
『若者の多くは、自分たちに未来はない、やることなど残っていないと思っている。しかし、探検すべき道はまだたくさん残っている。』
『私がやってきたことの中で、最も重要なことは、私と一緒に働く人たちをコーディネイトし、彼らの努力をゴールへと向かわせることだ。』
『もし清掃作業員が良いアイデアを持っていれば、私は彼のアイデアを採用する。』
『私は偉大なアーティストでも、偉大なアニメータでもない。』
『私が思う夢の実現の秘訣は4つのCによって言い表すことができる。』
『私も間違いを犯したことはあります。 ただ、幸運な事に、そのすぐ後に失敗を取り戻す成功を収めてきました。』
『僕はどちらかというと平凡な人間だったから、当たり前なやり方をしてみることに決めたんだ。』
『人生の素晴らしい瞬間というのは、自分ひとりのためよりも、愛する者たちのために行ったことに結びついている。』

20。

名言だけを見たい人のために内省記事は別のページに分けました。

運営者

ウォルト・ディズニーの格言と向き合って内省する

ウォルト・ディズニーとは(画像

アメリカ実業家通称『ミッキー・マウスの生みの親』。ウォルト・ディズニーは1901年12月5日に鉄道員の息子としてシカゴで生まれました。兄のロイ・O・ディズニーも実業家としてウォルトと共にウォルト・ディズニー・カンパニー設立に関わりました。

ウォルトは子供の頃から芸術に深い興味を示しており、7歳の時には既に自分のスケッチを商売にしていました。ウォルトの青年時代には第一次世界大戦が勃発し、愛国主義から高校を退学して陸軍に志願しますが、若さを理由に軍に説得され、赤十字社の衛生兵として従事することになります。終戦後は漫画家を経てアニメーターへと転身。兄・ロイ・ディズニーと共にハリウッドでアニメ製作会社のディズニー・ブラザーズ社を設立します。1927年には自社キャラクターとして「オズワルド」を生み出しますが、契約時のいざこざで親友であるアブ・アイワークス以外のアニメーターをユニバーサル・ピクチャーズに引き抜かれてしまい、窮地に立たされます。

そしてディズニー再建の手始めとして、新たに生み出した自社キャラクターがミッキー・マウス。これが世界的に大ヒットを記録し、ディズニー社は大きく持ち直します。1955年にはカリフォルニア州のアナハイムにディズニーランドを開園。この時点でウォルトは今なお続くディズニー社の経営基盤を創り上げました。1965年には更なる事業としてウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートを作り始めるも、その完成を見ないまま翌年1966年12月15日、肺癌のため65歳でこの世を去りました。晩年は酒浸りの生活を送っていたと言われています。