名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

> > >

 

エマソン 運命を味方にする人生論

■著者:渡部昇一


エマーソンは、私の考え方にそっくりだ。内省をしているときも、好きな人と嫌いな人があった。例えば、トロツキーなどの言葉を内省していても、全く響くものはなかった。だが、ソローやこのエマーソンなどは、とても好きだった。サミュエル・ジョンソンが、『言葉とは、思想の衣装なのだ。』 と言ったが、私は彼らの言葉から、彼らの思想を垣間見て、自分と似たような発想を持っていたからこそ、彼ら言葉を通す内省は、心が躍ったのだ。

 

何より好きなのは、『自分が正しければ、どんなことがあっても、相手が自分に合わせるべきである』という発想は、一見すると意固地で傲慢不遜な頑迷者に見えるが、突き詰められている。それにはきちんとした『筋』、つまり『理由』があるのだ。真理に目を向ける勇気を持ち、その輝きの異彩に気づいた人間は、おのずと発想になっていくのである。

 

 

 


[初読年齢 32歳]

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)


エマソン 運命を味方にする人生論

スポンサーリンク

広告

 

↑ PAGE TOP