『後悔したくない方』はこちら

カルロス・ゴーン『リーダーシップは危機に直面した時にこそ、重要になります。極論すれば、すべてがうまくいっていれば変化が必要ないのですから、誰がリーダーでもよいのです。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

これを考えた時、思い出されるのは、長崎ハウステンボスを再建させた、HISの澤田秀雄や、JALを再建させた、京セラの稲盛和夫である。単純な話、『なぜ外部の彼らがリーダーを務めることになったのか』、というところがポイントなのである。別に、内部の人間がやったらよかったではないか。しかし、それができなかったから、外部の人間である彼らに白羽の矢が立ったのである。

 

 

かつて、JALこと日本航空が破綻したとき、その再建を担うことになった経営の神、稲盛和夫は、JALの大企業病と、傲慢不遜に陥った幹部連中の態度にカツを入れた。

 

稲盛和夫

あなたたちがそういう態度だから、会社が潰れたのではないのか!?

 

彼ら幹部連中は最初、外部から来た稲盛が気に食わなかったらしい。あの仏の様な稲盛が、会議室でそう怒鳴り散らしたというのだから、よほど彼らの心は腐敗していたのだろう。だからこそ、稲盛がそこに呼ばれたのだ。リーダー(指導者)というものは、逆境であればあるほど、真価を発揮する。

 

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

関連する『黄金律

『アウトサイド・インではない。インサイド・アウトだ。』

同じ人物の名言一覧

カルロス・ゴーンの名言・格言一覧