名言を自分のものにする

広告

 

> > >

 

木戸孝允(桂小五郎) 名言/格言

木戸孝允(桂小五郎)

 

木戸孝允(桂小五郎)とは(画像

日本政治家。生誕1833年通称『維新の三傑』。

 

 

スポンサーリンク

 

木戸孝允(桂小五郎)の言葉

 

『大道行くべし、又何ぞ防げん。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

『大道』というのは、人として歩くべき正しい道という意味だ。山本五十六は言った。『男子には大目的を貫徹することが一番で、それ以外は枝葉末節だ。』山本五十六の言う大目的とは、木戸孝允の言う『大道』であると考えて間違いないだろう。

>>続きを見る

 

『人の巧を取って我が拙を捨て、人の長を取って我が短を補う。』

 

カテゴリー:知性/知恵

人には一長一短がある。つまり、長所もあれば、短所もあるのだ。例えば、背の高い人は、高い場所にある物を取る時に有利だ。しかし、背の低い人は、小さな門をくぐり抜けるときに有利だ。単純に、そういうことである。人には一長一短があるのである。

>>続きを見る

 

『己れの生き方に関わるような大問題を他人に聞くな。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

自分の人生はたった一度しかなく、過去、未来永劫の甚大な規模の時間の中で、唯一無二だというのに、なぜ、どうして他人と同じような生き方をして、人生を終わらせることが出来ようか。

>>続きを見る

 

『事をなすのは、その人間の弁舌や才智ではない。人間の魅力なのだ。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

人としての魅力というものがある者は、往々にして『人たらし』などと言われ、いつの間にか人を吸い寄せ、周囲の人を笑顔にしているものだ。つまり、『いつの間にか』か、『策略のもと』かの違いだ。

>>続きを見る

 

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP