名言を自分のものにする

広告

 

> > >

 

土方歳三 名言/格言

土方歳三

 

土方歳三とは(画像

日本武士。生誕1835年通称『鬼の副長』。

 

 

スポンサーリンク

 

土方歳三の言葉

 

『昨日の夕陽が、今日も見られるというぐあいに、人の世はできないものらしい。』

 

カテゴリー:人生/生死

昨日、平和であっても、今日が平和であるとは限らない。そんなイメージが頭をよぎるわけだが、だとしたら、それこそが真理だ。『流動変化』しているのである。

>>続きを見る

 

『世に生き飽きた者だけ、ついて来い。』

 

カテゴリー:人生/生死

この戦に行けば、人生が終わるかもしれない。そんなシーンを経験したことがあるだろうか。ないなら、土方歳三と、この言葉を聞いた人間の気持ちを理解することはできない。

>>続きを見る

 

『よいか、人を斬る剣は所詮は度胸である。剣技はつまるところ、面の斬撃と、突き以外にない。習い覚えた区々たる剣技の末梢を忘れることだ。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

考え方の転換をしなければならない。人を斬るということを、違う観点から見るのだ。今まで培ってきた剣の道の上にあるような、ある種の崇高さがあるそうした考え方を捨てるのだ。

>>続きを見る

 

『喧嘩ってのは、おっぱじめるとき、すでに我が命ァない、と思うことだ。死んだと思いこむことだ。そうすれば勝つ。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

単純に考えて、物理だ。力のある人間と、力のない人間が拳を交えた時、当然、潰されるのは、力のない人間の拳である。

>>続きを見る

 

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP