名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

> > >  >

 

アインシュタイン 名言/格言(5ページ目)

 

 

『私はあなたが女性であるということを気にしていません。しかし大切なのは、あなた自身が気にしないことです。』

 

カテゴリー:自己/精神

男女の間で、今よりもうんと差があった時代、それと差が無い時代では、この言葉の響き方も違うだろう。

>>続きを見る

 

『あなたは本当にそう思っているんですか?他人によって永遠の幸せが得られるなんて。いくらその他人が最愛の男だったとしても。』

 

カテゴリー:自己/精神

『あなたは本当にそう思っているんですか? 他人によって永遠の幸せが得られるなんて。いくらその他人が最愛の男だったとしても。私は自分の経験から男というものをよく知っています。だって、私もその一人なんですから。男に期待しすぎてはいけません。』

>>続きを見る

 

『自分自身の、そして他の人々の人生に意味を見いだせない人は、単に不幸であるばかりでなく、生きるのに向いていないといえるでしょう。』

 

カテゴリー:不幸/失敗

わかっていると思うが、自殺ほう助の言葉ではない。生きるのをやめた方が良いからさっさと死ねよ、ということではないのだ。

>>続きを見る

 

『人は、自分だけのために小さな世界を創造します。そして、変化し続ける真の存在の偉大さと比較したら悲しいほどに無意味だというのに、自分を奇跡のように大きく重要であると感じるのです。自分で掘った穴に潜むモグラのように。』

 

カテゴリー:自己/精神

人の命、生命の命、躍動する地球、膨張する宇宙(諸説ある)、枯渇する資源、分かれる物質、流れる時間、

>>続きを見る

 

『私たちは皆、ほかの人々の仕事によって、食べるものや家を与えられています。ですから、それに対してはきちんと報酬を支払わねばなりません。』

 

カテゴリー:教育/愛情

『私たちは皆、ほかの人々の仕事によって、食べるものや家を与えられています。 ですから、それに対してはきちんと報酬を支払わねばなりません。自分の満足のための仕事だけでなく、人々に奉仕する仕事をすることによっても。

>>続きを見る

 

『人に対して正しく賢明な助言をすることはできる。しかし、自分が正しく賢明に振る舞うことは難しい。このことわざには真実がある。』

 

カテゴリー:自己/精神

まず考えたいのは、アリストテレスが言った、『誰でも怒ることは出来る─それはたやすい。だが、適切な相手に、適切な度合いで、適切なときに、適切な目的の為に、適切な怒り方をすることは、たやすいことではない。』という言葉である。

>>続きを見る

 

『死はいずれやってくる。それがいつかなんて、どうでもいいじゃないですか。』

 

カテゴリー:人生/生死

人はいつ死ぬかわからない。わかっているのは、人はいつか必ず死ぬということだ。イギリスの詩人、アレキサンダー・ポープは言った。『私たち一人一人が航海しているこの人生の広漠とした大洋の中で、理性は羅針盤、情熱は疾風。』

>>続きを見る

 

『私に畏敬の念を抱かせるものはふたつあります。星が散りばめられた空と、内なる倫理的宇宙です。』

 

カテゴリー:知性/知恵

『畏敬の念』とは、畏れることと、敬うこと、その両方に該当する抱いた感想である。 宇宙はまさしくその通りだ。

>>続きを見る

 

『思考とは、それ自体が目的である。音楽と同じように。』

 

カテゴリー:知性/知恵

『目的』とは、到達しようと目指す事柄。つまり思考は、『やろうと思わなければ、それをすることは出来ない』のである。私は思考放棄していた時代があるから、これを言う資格がある。

>>続きを見る

 

『この世界を個人的な願望を実現する場とせず、感嘆し、求め、観察する自由な存在としてそこに向かい合うとき、我々は芸術と科学の領域に入る。』

 

カテゴリー:知性/知恵

だとすると、『芸術と科学』を追求する人は、群から見て、少し浮いているイメージを思い浮かべることが出来る。

>>続きを見る

 

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

シェア

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP