名言を自分のものにする

広告

 

> > >

 

空海 名言/格言

空海

 

空海とは(画像

日本通称『真言宗の開祖』。空海(774~835年)は日本における真言宗の開祖で、密教を日本に導入した宗教・思想上の巨人です。現在でも歴史上もっとも有名な僧侶といってよいでしょう。また、書の分野での評価も高く、嵯峨天皇や橘逸勢とともに「書の三筆」の1人として数えられています。

 

幼名は佐伯真魚で、19歳で山林の修行に入り、29歳で遣唐使の留学僧として唐に渡ります。20年の予定での留学でしたが実際には2年間の滞在の後に帰国しています。しかしその間に得たものは多く、嵯峨天皇から高く評価されるなど影響力を高めました。また、中国から数多くの経典を持ち帰っており、天台宗の祖である最澄も一時期教えを請うほどの人物です。

 

別名として名高い「弘法大師」は死後醍醐天皇から送られたもので、全国各地で弘法大師にまつわる言い伝えが残っていることからも、いかに多くの人から愛されてきたかが窺えます。

 

仏教の開祖

  • 釈迦(ブッダ)
  •  

    日本における仏教のその他の宗派とその開祖

  • 道昭(法相宗)
  • 最澄(天台宗)
  • 法然(浄土宗)
  • 栄西(臨済宗)
  • 親鸞(浄土真宗)
  • 道元(曹洞宗)
  • 日蓮(日蓮宗)
  • 隠元(黄檗宗)
  •  

     

    スポンサーリンク

     

    空海の言葉

     

    『心暗きときは、即ち遇うところことごとく禍なり。』

     

    カテゴリー:自己/精神

    日本仏教『真言宗』の開祖である、空海。日本仏教、チベット仏教、朝鮮仏教といろいろあるが、どちらにせよ元祖は2500年前の、釈迦(ブッダ)が開いた、仏教(ブッダの教え)である。

    >>続きを見る

     

    『もしその能に当たるときは、事、通すること快し。用、その宜しきを失すれば労するといえども益無し。』

     

    カテゴリー:自己/精神

    自分が好きなことに夢中になっていると、気が付いたら夕方になっている。しかし、自分の心が苦手だと叫んでいることをやると、ただただ苦痛でしかない。

    >>続きを見る

     

    『ものの道理を見る目が開いていれば、身の回りのものすべてが大事なものだとわかる。』

     

    カテゴリー:自己/精神

    『身の回りのものすべて』というのは、『人間』だけではない。一切の森羅万象である。動物と昆虫もだ。害虫もそうだ。毒も、寄生虫も、排泄物もそうだ。

    >>続きを見る

     

    『つまらない人は、善行と悪行の区別がつかず、その因果も信じることが無い。目の前の利益だけを見ているので、その因果は必ず返ってくる。』

     

    カテゴリー:自己/精神

    『因果応報』の意味を調べると『前世あるいは過去の善悪の行為が因となり、その報いとして現在に善悪の結果がもたらされること。』

    >>続きを見る

     

    『善行をなそうとする人も、悪行をなそうとする人も、まず心の中でそれをなそうと決めてから、その行動をするものである。』

     

    カテゴリー:自己/精神

    親鸞は言った。『いまから町へ出ていって、通りがかりの者でも、地下鉄の乗客でも誰でもよい。手当たり次第に千人殺してきなさい。』その問いにただただ面喰った弟子の唯円に、親鸞はこう続けた。

    >>続きを見る

     

    『道理に迷って苦しむのも、自分の中にある仏に目覚めて正しく励むのも、みな自分の決心次第である。』

     

    カテゴリー:自己/精神

    道の上を歩くことが求められている。その外を歩くことは、文字通り『外道』となる。改めてそう考えると、自分が外道に成り下がる様な真似はしたくないと、考える人間がほとんどである。

    >>続きを見る

     

    『嫉妬は自分とそれ以外の人とは別々の存在だと思う心から生じる。』

     

    カテゴリー:自己/精神

    『嫉妬は自分とそれ以外の人とは別々の存在だと思う心から生じる。もし自分と自分以外の人を別ではなく、同じ存在だと見ることが出来れば、嫉妬することがなくなり、公平な心になり、全ての人の善行を心から賞賛できる。』

    >>続きを見る

     

    『もし自分に適していることにその能力を使うなら、物事は極めてうまくゆく。しかし、自分に向いていない物事に、その能力を使うなら、労多く、益は少ないだろう。』

     

    カテゴリー:自己/精神

    経営の神、松下幸之助は言った。『自分には自分に与えられた道がある。天与の尊い道がある。どんな道かは知らないが、ほかの人には歩めない。』空海の言葉と照らし合わせて、どう響くだろうか。

    >>続きを見る

     

    『人間は誰もが胸のなかに、宝石となる石を持っている。一生懸命磨いて、美しく光り輝く玉になる。』

     

    カテゴリー:自己/精神

    この言葉を見て、何だか達観した気分になってきた。なぜかと言う理由は文章を見れば全てわかるが、しかし、もちろん達観などしていない。私は一生、達観などしない。

    >>続きを見る

     

    『他人の利益をはかるように努めていると、苦しみの世界に行く因縁が消える。』

     

    カテゴリー:自己/精神

    他人の利益に努めなければならないのはなぜか。そして、『それでスムーズになる』事実があるのはどうしてかというと、『この世は自分のものではないから』である。

    >>続きを見る

     

    『周りの環境は心の状態によって変わる。心が暗いと何を見ても楽しくない。静かで落ち着いた環境にいれば、心も自然と穏やかになる。』

     

    カテゴリー:自己/精神

    周りの環境が、心の状態で変わってしまうというのは、超能力者の様なイメージが湧いてしまいそうだが、もちろんそういうことではない。そういうオカルト的な話では一切ない。むしろその真逆だ。

    >>続きを見る

     

    『修行して悟りを得ようとする人は、心の本源を悟ることが必要である。心の本源とは清らかで綺麗な明るい心である。』

     

    カテゴリー:知性/知恵

    例えば、空海の師である、ブッダは言った。『愛別離苦(あいべつりく)。それすなわち、人生は自分の思い通りにならないという悟り。』

    >>続きを見る

     

     

    スポンサーリンク

     

    当サイト最重要記事

    黄金律

    8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

     

    黄金律

    『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

     

    偉人の名前や名言を検索

     

    おすすめ関連記事

     

     

    ↑ページの上部へ


    広告

     

    ↑ PAGE TOP