名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

ラ・ロシュフーコー『洞察力の最大の欠点は、的に達しないことではなく、その先まで行ってしまうことである。』

ラ・ロシュフーコー


フランスモラリスト ラ・ロシュフーコー画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


『スタンド・バイ・ミー』で有名な作家、スティーブン・キング。彼の作品に『グリーンマイル』という映画がある。その中の役の一人の受刑者が、『人の心が見えすぎて辛い』と怯えるのだ。これは、フィクションだろうか、あるいは、ノンフィクションだろうか。

 

当然、フィクションである。しかし私にとっては、ノンフィクションである。どういうことかというと、別にグリーンマイルに限らないが、フィクションはフィクションでも、それと同じ現象があれば、それはノンフィクションになるのだ。例えば作中で出て来たハンバーガーと同じ物を食べたら、その部分だけはノンフィクションとなる。

 

私が言っているのは、そういう感覚である。深く追及されると話がずれるのだが、とにかくもうそれで意味はわかったはずである。

 

 

では、その受刑者が『私にとってはノンフィクション』だと言ったのは、どういう意図があるのだろうか。

 

それは、『私も同じ感想を持つ』からである。いや、私は人の心を読むことは出来ない。テレパシーも使えない。霊感という言葉を口にすること自体も皆無だ。

 

だが、『私も、人の心が見えすぎて大変だ』という感想を抱くのである。それは例えば、ブッダの言葉を超訳したときに書いた、

『仕返ししたら負けだ。負けたいならすればいい。』

 

この記事の中に、この話の詳細がある。だが私の場合、グリーンマイルの彼と違って、『辛い』のではなく、『大変だった』と表現している。

 

私の場合は、周りに理解者が少ない時、つまりそれは幼少(心が幼少の人間とつるんでいる時も含める)の時だが、『考えすぎなんだよ』という一言でもって処理されることが多かった。しかし、私は決して考えすぎなどではなく的を射ている話をしているつもりだった。

 

的

 

ソクラテスは言った。

『数学の正しい答えを多数決で決めることがあるか?善悪の判断も同じことである。』

 

ここにも書いたが、100人のうち99人が黒、1人が白と言ったとする。そして、真実は『白』だとする。だが、その1人以外は皆『黒』だと言うのだ。

 

さて、正解はどちらだろうか。

 

答えは当然『白』である。だが、本当にその考えを現場で言いきれるだろうか。99人を敵に回す覚悟で。

 

こういったことを想像すると、なるほど確かに『大変だ』ということが見えて来るはずだ。『答えが白だと知っている人間』は、大変なのである。

 

ロシュフーコーが示唆するのは、まさにその受刑者の『怯えた姿』である。的は射た。だが、的を射たその矢が、的を貫き、違う存在に当たってしまったのだ。それでは話がずれてしまう。

 

人の心は確かにおどろおどろしい。だが、それは自分も同じなはずだ。それについて憂うことがお門違いだということは、的を飛び出た段階で、気づくべきである。

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

35.『知者?無知者?自分が振る舞っている人格はどっちだ。

『無知の知』。それは、『人間は生涯、全知全能になることはできない』ということを悟る知性。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

ラ・ロシュフーコー『洞察力の最大の欠点は、的に達しないことではなく、その先まで行ってしまうことである。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

同じ人物の名言

『嫉妬は常に恋と共に生まれる。しかし必ずしも恋と共には滅びない。』

 

『我々は、幸福になるためによりも、幸福だと人に思わせるために四苦八苦しているのである。』

 

『人は、他人と違っているのと同じくらい自分自身とも違っている時がある。』

 

『死と太陽は直視することは不可能である。』

 

『大多数の若者は、そのぶしつけと無作法を、天真爛漫のつもりでいる。』

 

『人間は、自分が考えるほど不幸でもないし、それほど幸福でもない。』

 

『友情のための最大の努力は、友人に我々の欠点を見せることではない。彼に彼の欠点を悟らせることだ。』

 

『うぬぼれというものがついぞなかったら、人生はてんで楽しくあるまい。』

 

『人間には、裏切ってやろうとたくらんだ裏切りより、心弱きがゆえの裏切りのほうが多いのだ。』

 

『不可能なことはない。すべてに至る道がある。』

 

『われわれは生涯の様々な年齢にまったくの新参者としてたどりつく。だから、多くの場合、いくら年をとっても、その経験においては経験不足なのである。』

 

『運も健康と同じように管理する必要がある。好調な時は充分に楽しみ、不調な時は気長にかまえ、そしてよくよくの場合でない限り、決して荒治療はしないことである。』

 

『情熱は、つねに人を説き伏せる無類の弁舌家である。』

 



↑ PAGE TOP