名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

ガリレオ『言葉や属性こそ、物事の本質に一致すべきであり、逆に本質を言葉に従わせるべきではない。』

ガリレオ


イタリア天文学者 ガリレオ

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


『言葉や属性こそ、物事の本質に一致すべきであり、逆に本質を言葉に従わせるべきではない。というのは、最初に物事が存在し、言葉はそのあとに従うものだからだ。』

 

 

しかし人は本質よりも、言葉や属性に焦点を合わせる。

 

例えば、『女性が登山をする理由』は、複合的な要素が揃うからだ。もちろん一部には登山が好きな人はいる。だが、往々にして、複合的な要素が揃うことで動機が揃う。

 

 

 

  • 関連ページ▼
  •  

    スポンサーリンク

     

    ガリレオの言葉を自分のものにする



    『山ガール』である。『ファッション』だ。『流行』。これらの複合的要素が揃う時、往々にして女性の足は軽くなる。これが事実だ。

     

    男は丼ものでいい。だが、女性は定食がいい。

     

    間違いなくここに男女の差がある。男はただ、『山があるから登る』のであり、『腹が減ったから飯を食う』のだ。だが女性はそれを『楽しみたい』。『食べる、登るだけじゃつまらない』のだ。複合的な要素を整えて、より充実したいのである。

     

     

    女性は男と違って、若ければ若いほど評価される、という儚い運命を背負っている。 建前上は違うが、事実はそうなっているのだ。皆、若い女性が好きなのである。

     

    女性はそれについて憂い、悲しむ。そして、抵抗するし、努力するし、その短い命を満喫しようと思慮を張り巡らせる。男女の間にある差というものは、そういう宿命的な要因も、大きな理由の一つとなっているだろう。

     

    ここまで考えると、『だが、本質よりも言葉や属性に目を向ける』という人間の心理が手に取るようにわかるようになる。つまり、『本質』とは、時に残酷である。だからそれをなるべく『人間寄り(エゴ)』の発想で考え直して、図式化し、受け入れられるように、記号化する。

     

    そうじゃなきゃやってられないからだ。それが、歪曲される本質の背景にある実態である。

     

     

     

    ※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

    著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

     

    シェア

     

    スポンサーリンク

     

    著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

     

    『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

     

    関連する黄金律

    黄金律

    この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

     

     

     

    35.『知者?無知者?自分が振る舞っている人格はどっちだ。

    『無知の知』。それは、『人間は生涯、全知全能になることはできない』ということを悟る知性。


    >>続きを見る

     

     

    関連する記事

    黄金律

    『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

     

    黄金律

    『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

     

    黄金律

    『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

     

    黄金律

    『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

     

     

     

    ガリレオ『言葉や属性こそ、物事の本質に一致すべきであり、逆に本質を言葉に従わせるべきではない。』


    スポンサーリンク

     

    当サイト最重要記事

    黄金律

    8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

     

    黄金律

    『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

     

     

    偉人の名前や名言を検索

     

    おすすめ関連記事

     

     

    ↑ページの上部へ

     

     

    同じ人物の名言


    『懐疑は発明の父である。』

     

    『その人間から何かを学ぶことが出来ないほど愚かな人間に、私はあったことはない。』

     

    『哲学は、我々の目の前に広げられているこの巨大な書物、つまり宇宙に書かれている。』

     

    『聖書は我々にいかに天へ行くかを教える。いかに諸天体が動くかを教えるのではない。』

     

    『感覚が役に立たないとき、理性が役に立ち始めるのだ。』

     

    『学者は、それゆえという言葉をしきりに使うが、なにゆえ、それゆえなのか俗人には分からない。なにか、偉そうな言葉で誤魔化されているようだ。』

     

    『数学は、科学へとつながる鍵とドアである。』

     

    『私は、何も学ぶべきものがないほど愚かな人に会ったことはない。』

     

    『責任を取れない人間は、科学者であってはならない。あなたに未来を作る資格は無い。』

     

    『宇宙は数学という言語で書かれている。そしてその文字は三角形であり、円であり、その他の幾何学図形である。これがなかったら、 宇宙の言葉は人間にはひとことも理解できない。これがなかったら、人は暗い迷路をたださまようばかりである。』

     

    『言葉や属性こそ、物事の本質に一致すべきであり、逆に本質を言葉に従わせるべきではない。というのは、最初に事物が存在し、言葉はその後に従うものだからである。』

     



    ↑ PAGE TOP