名言を自分のものにする

広告

 

> > >

 

吉田兼好 名言/格言

吉田兼好

 

吉田兼好とは(画像

日本作家。生誕1283年頃。。鎌倉時代末から南北朝時代にかけて生きた吉田兼好は、1283年頃に吉田神社の神職の家に生まれました。30歳頃に出家し、仏道に入ってからは遁世者として生き、和歌や随筆を執筆します。『徒然草』は彼の代表作として現在も読まれており、清少納言の『枕草子』や鴨長明の『方丈記』と並び日本三大随筆と称されています。

 

『徒然草』の冒頭、「つれづれなるままに、日暮らし、硯にむかひて、心にうつりゆくよしなしごとをそこはかとなく書き付くれば、あやしうこそ物狂ほしけれ」という部分を暗記している人は多く、そこから無常観を持つ求道者というイメージを彼に抱きがちですが、趣味や人間観察、逸話や滑稽談などにも長けており、一筋縄ではとらえられない人物です。

 

吉田兼好関連の書籍

 

 

 

スポンサーリンク

 

吉田兼好の言葉


 

『一事を必ずなさむと思わば、他の事破るもいたむべからず。人のあざけりをも恥ずべからず。万事に変えずしては、一つの大事成るべからず。』

 

カテゴリー:知性/知恵

孔子は、『二兎を追う者は一兎をも得ず』と言ったが、何かをやろうと思えば、何かが犠牲になるということは、人生の黄金律である。代償の法則とは、今書いたことを裏付ける法則の事である。

>>続きを見る

 

『よろずの事は頼むべからず。愚かなる人は、ふかく物を頼むゆえに怨み怒ることあり。』

 

カテゴリー:知性/知恵

人に期待すればするほど、そのギャップとの差について、怒り狂うことになる。『なぜこんなことも出来ないんだ!』と激昂する。それは私が部下に対して取っている、日常茶飯事の態度である。

>>続きを見る

 

『病を受くることも多くは心より受く。外より来る病は少なし。』

 

カテゴリー:知性/知恵

『病は気から』。これは本当の事だ。詳しくは、Dr.ヒルルク『この国におれが…桜を咲かせてみせる…!!!』ここに書いた、

>>続きを見る

 

『ふたつ矢を持つことなかれ。後の矢を頼みて初の矢になおざりの心あり。』

 

カテゴリー:知性/知恵

『器用貧乏』という概念があるぐらいだ。『ハリネズミの概念』を理解し、『キツネ』に成り下がらないようにしたい。

>>続きを見る

 

『四季には定まれる序あり、死期は序を持たず。』

 

カテゴリー:知性/知恵

アメリカの小説家、ウィリアム・サローヤンはこう言い、『誰でも死ななくちゃいけない。でも私はいつも自分は例外だと信じていた。なのに、なんてこった。』詩人のW・H・オーデンは言った。

>>続きを見る

 

『あなたは周囲のいいところだけを、徹底して見習えばいいのである。』

 

カテゴリー:知性/知恵

『人にはそれぞれ生まれつきの性質がある。だから、昔の心ある人に学び、自分に近いよい性質を自分のものとするべきである。』周囲には多様性が広がっている。例えば『花』だ。

>>続きを見る

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP