名言を自分のものにする

広告

 

> > >

 

山本常朝 名言/格言

山本常朝

 

山本常朝とは

日本武将。生誕1659年

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

山本常朝の言葉

 

『人間、一生わずかのことなり。好いたことして暮らすべきなり。』

 

考察

 

『不幸せの時くたびれる者は、役に立たざるなり。』

 

考察

 

『五十ばかりより、そろそろ仕上げたるがよきなり。』

 

考察

 

『武士道と云ふは、死ぬ事と見付けたり』

 

『志の低い男は、目の付け所が低い』

 

『礼儀を乱さず、へり下りて、我が為には悪しくとも、人の為によき様にすれば、いつも初会の様にて、仲悪くなることなし』

 

『私なく案ずる時は、不思議の知恵も出づるなり』

 

『何様(なによう)の能事(のうじ)持ちたりとて、人の好かぬ者は役に立たず。』

 

『人生のどんな隅にも、どんなつまらなそうな境遇にも、やっぱり望みはあるのだ。』

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


広告

↑ PAGE TOP