名言を自分のものにする

広告

 

> > >

 

スティーブン・キング 名言/格言

スティーブン・キング

 

スティーヴン・エドウィン・キングとは

アメリカ作家。生誕1947年

 

スティーブン・キング関連の書籍

 

 

 

スポンサーリンク

 

スティーブン・キングの言葉


 

『何事であれ、自分に才能があるとなれば、人は指先に血が滲み、目の玉が抜け落ちそうになるまでそのことにのめり込むはずである。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

『スタンド・バイミー』、『グリーンマイル』、『ショーシャンクの空に』、『シークレットウィンドウ』。彼の映画に触れていない人は少ないだろう。

>>続きを見る

 

『感動した作品の影響で、その文体に染まることは一向にかまわない。』

 

カテゴリー:自己/精神

逆に、その要素が少しでも自分の体内に取り入れられていないなら、そこに『感動』などなかったのだ。最高の作品があったなら、そこにあるのは実に多種多様な要素の集合体なわけだが、

>>続きを見る

 

『言葉は意図を近似的に表示するものでしかない。多くの場合、どう頑張っても文章では全てを尽くせない。』

 

カテゴリー:自己/精神

『近似的(きんじてき)』というのは、非常に近づけて、とかそういう意味だ。本当に伝えたい意図を、言葉や文章では近似的にしか伝えられない。そういうことである。

>>続きを見る

 

『言葉はいつもネクタイに紐靴の正装である必要はない。小説の役割は文法の手本を示すことではない。』

 

カテゴリー:自己/精神

フランスの作家、グールモンは言った。『人生は文法のようなもので、通則よりも例外の方が多いものだ。』いいんだ。好きなように書けば。

>>続きを見る

 

『書くもの書くものが全部支持されるということはあり得ない。』

 

カテゴリー:知性/知恵

いや、正確には『される』が、『ヒットする』ということになるのはあり得ないということだ。コアなファンなら、その作家が書いたもの全てが好きになる。

>>続きを見る

 

『楽しくなければ何をやっても無駄である。』

 

カテゴリー:自己/精神

そこに書いたアインシュタインの言葉もそうだが、人間というものは、自分の心底がそれを求めていないとき、往々にして『楽しくない』と感じる。

>>続きを見る

 

『これはいける、という知恵は、ある天気のいい日に何の前触れもなく空から降ってわくものだと思っておけば間違いない。』

 

カテゴリー:人生/生死

まるで『偶然』の様に、『神から降りて来た』とでも言うかのように、捉えることもできるこの言い回し。では、これは『偶然』なのだろうか。ある日突然、降りて来るのだろうか。

>>続きを見る

 

『才能は食卓塩よりも安い。才能ある人と成功者の差は、努力の量だ。』

 

カテゴリー:成功/幸福

芥川龍之介はこう言い、『天才とは、わずかに我々と一歩を隔てた者のことである。』稲盛和夫は言った。『成功する人としない人との差は紙一重。』

>>続きを見る

 

『構想は優れた作家にとって無用の長物であり、無能な作家が真っ先に頼る常套手段である。構想に寄りかかった作品は、いかにも不自然で重ったるい。』

 

カテゴリー:知性/知恵

私も映画館で映画を毎週観る(多い時には3本)、という生活を、かれこれもう6年以上続けているのだから、多少は作品について語ってもいいだろう。

>>続きを見る

 

『ウ●コ投げ競争の優勝者は、手がいちばん汚れてない人間だ。』

 

カテゴリー:知性/知恵

まず、『ウンコ投げ競争』というくらいだから、限定されているわけだ。ウンコを投げて、その距離だか、量だかを競い合う。そうじゃなければ、『ウンコ投げ競争』とは言えない。

>>続きを見る

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP