名言を自分のものにする

広告

 

> > >

 

シラー 名言/格言

シラー

 

ヨーハン・クリストフ・フリードリヒ・フォン・シラーとは(画像

ドイツ詩人。生誕1759年

 

シラー関連の書籍

 

 

 

スポンサーリンク

 

シラーの言葉


 

 

『人は幸運の時は偉大に見えるかもしれないが、真に向上するのは不運の時である。』

 

カテゴリー:不幸/失敗

ゲーテと並ぶドイツ古典主義の代表格であるシラー。人が輝いて見えるのは、往々にして栄光の光が照らすときだと考えそうなものだが、一体どういうことだろうか。

>>続きを見る

 

『人生において、諸君には二つの道が拓かれている。一つは理想へ、他の一つは死へと通じている。』

 

カテゴリー:人生/生死

これはルソーの言葉を考えれば、すぐに理解できる話だ。『生きるとは呼吸することではない。行動することだ。』マキャベリは、『運命は我々の行為の半分を支配し、他の半分を我々自身にゆだねる。』と言ったが、

>>続きを見る

 

『人間を偉大にしたり卑小にしたりするのはその人の志である。』

 

カテゴリー:自己/精神

切磋琢磨とは、元々持っている本人の可能性や意志を、ダイヤの原石を磨き上げてダイヤモンドを創り出すように、ぶつかりあって磨き上げ、価値あるものに昇華させることを言う。

>>続きを見る

 

『人は大きな目的をもってこそ、おのずから大きくなる。』

 

カテゴリー:自己/精神

シラーの言葉で、『人間を偉大にしたり卑小にしたりするのはその人の志である。』こういうものを書いたが、おそらく同じ意味だろう。

>>続きを見る

 

『簡単なことを完璧にやる忍耐力の持ち主だけが、いつも困難なことを軽々とこなす熟練を身につける。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

阪急グループ創業者、小林一三は言う。『下足番を命じられたら、日本一の下足番になってみろ。そうしたら、誰も君を下足番にしておかぬ』 現代の経営の神、稲盛和夫は、

>>続きを見る

 

『人生は退屈すれば長く、充実すれば短い。』

 

カテゴリー:自己/精神

私はこの事実をよく知っている。馬鹿みたいによく知っている。『全く何もしなかった時期』と、『全く何もできなかった時期』を経験していて、今、『やるべきことで溢れている』からだ。

>>続きを見る

 

『勇敢なる男は、自分自身のことは最後に考えるものである。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

『本当にプライドが高い、誇り高い人間とは、自分のことを一番最後に考えることが出来る、矜持のある、高潔な人間のことを言うのではないだろうか。』

>>続きを見る

 

『新しいものは古いものの敵である。したがって、新時代はいつも旧時代から犯罪視される。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

新しいものは、古いものを往々にして『脅かす』ものである。何しろ、古いというぐらいだから、そこに浸透していた、ということだが、浸透していたのであれば、それは受け入れられていたことになる。

>>続きを見る

 

『ひとりの富者がなんと多くの乞食を養うことか。王が建築をはじめれば、馬車ひきに仕事が生まれる。』

 

カテゴリー:知性/知恵

しかしその『馬車ひき』とて、それを取り締まるオーナーがいるわけで、そのオーナーは、努力すれば別に『富者』という位置づけになることは不可能ではない。むしろ可能だ。

>>続きを見る

 

『人間はひとりひとり見ると、みんな利口で分別ありげだ。しかし、集団をなせば、たちまち馬鹿が出てくる。』

 

カテゴリー:知性/知恵

この事実には私は小学生頃から気づいていた。私は『人間の変貌』について、敏感だった。その理由は、それよりも更に遡って、10歳にも満たない頃、父親に、兄弟と従兄弟の兄弟、4人がいる状況で、

>>続きを見る

 

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP