名言を自分のものにする

広告

 

> > >

 

リルケ 名言/格言

リルケ

 

ライナー・マリア・リルケとは(画像

オーストリア詩人。生誕1875年

 

リルケ関連の書籍

 

 

 

スポンサーリンク

 

リルケの言葉


 

『世間の恋人達を見るがいい。やっと告白が始まるときにはもう欺いている。』

 

カテゴリー:恋愛/結婚

以前私の知り合いの高齢者カップルは、最初のデートでお互い年齢を詐称していた。 狐と狸の化かし合いとはよく言ったものである。最新の化粧をし、美しく見えるヒールを履き、矯正する下着を着け、フェロモンを扇情する香水をつけ、時には年齢を詐称し、

>>続きを見る

 

『もろもろの事物のうえに張られた成長する輪の中で、私は自分の生を生きている。おそらく私は最後の輪を完成させることは出来まい。だが、私はそれを試みたいと思っている。』

 

カテゴリー:人生/生死

この心構えは、私がこのサイトを創り上げようと思った起因と同じだ。私の様な完璧主義者は、例えば、部屋の中が綺麗に片付いていなければ気が済まない。だがその反面、赤ん坊が出来て彼らが部屋を散らかすのは仕方なくて、そうなると、

>>続きを見る

 

『あなたの心の中の未解決のものすべてに対して、忍耐強くなってください。たとえば錠のおりた部屋のように、あるいは外国語で書かれた書物のように、問いそのものを愛するように努めるのです。』

 

カテゴリー:自己/精神

リルケは言う。『あなたの心の中の未解決のものすべてに対して、忍耐強くなってください。たとえば錠のおりた部屋のように、あるいは外国語で書かれた書物のように、問いそのものを愛するように努めるのです。

>>続きを見る

 

『およそ芸術家であることは、計算したり数えたりしないということです。』

 

カテゴリー:知性/知恵

その樹液の流れを無理に追い立てることなく、春の嵐の中に悠々と立って、そのあとに夏が来るかどうかなどという危惧を抱くことのない樹木のように成熟すること。

>>続きを見る

 

『結局夏は来るのです。だが夏は永遠が何の憂いもなく、静かに広々と眼前に横たわっているかのように待つ辛抱強い者にのみ来るのです。』

 

カテゴリー:人生/生死

私はこれを日ごとに学んでいます。苦痛のもとに学んでいます。そしてそれに感謝しています。忍耐こそすべてです。

>>続きを見る

 

『愛されることは、燃えつづけることでしかない。愛することは、暗い夜にともされたランプの美しい光だ。愛されることは消えることだが、愛することは永い持続だ。』

 

カテゴリー:教育/愛情

燃えている火なら、いずれ消える。燃料がなくなるからだ。

>>続きを見る

 

『誰かを愛すること、これは私たちに課せられた最も困難な試練です。すべての努力はそのためにある。』

 

カテゴリー:教育/愛情

『人生』について探究すると、いつの間にか『知性』に触れていて、更にそれらを探究を積み重ねていると、『真理』、『神』、『愛』というテーマについて、考えている自分がいた。

>>続きを見る

 

『必要なのは、孤独、大きな内的な孤独というものだけなのです。』

 

カテゴリー:自己/精神

自分の内的な孤独が必要な理由は、ちゃんとある。 例えば、ニーチェはこう言う。『孤独を味わうことで、人は自分に厳しく、他人に優しくなれる。いずれにせよ、人格が磨かれる。』

>>続きを見る

 

『どの一片(ひとひら)の落葉も、舞い落ちながら宇宙の最大の法則の一つを満たす。』

 

カテゴリー:自己/精神

葉っぱ、落ち葉に何か特別な意味があるという事ではない。それは例えばパスカルが、『人間は一本の葦にすぎない。自然のうちで最も弱いものである。だがそれは考える葦である。』

>>続きを見る

 

『あなたが見るもの、体験するもの、愛するもの、失うものを、最初の人間になったつもりで言い表すようにしてごらんなさい。』

 

カテゴリー:自己/精神

『限界効用の逓減』とは例えば、仕事終わりの一杯目のビールは美味いが、二杯目、三杯目と味が落ちていく現象のことである。

>>続きを見る

 

『若くして詩なんか書いたって始まらぬ。本当は待つべきものなのだ。一生涯かかって、しかも出来たら年老いるまでの長い一生をかけて、意味と蜜を集めるべきものなのだ。』

 

カテゴリー:人生/生死

一生かけてと言うが、若くして死ぬ人間もいるのだから、別に若い時期に詩を書くことは、無意味ではない。しかし、もしその人生が、80歳という年齢まで続くものだと確定しているのなら、『わかったようなことを言う詩』などというものを、若い時期に書いている暇はない。恥をかくだけだ。

>>続きを見る

 

『「旅」にはたった一つしかない。自分自身の中へ行くこと。』

 

カテゴリー:自己/精神

いや、『一人旅』という時にどこかに行くのも、『旅』と数える。しかし確かに、『旅行』と『旅』では、そのモチベーションの重みが違う。前者は少し浮ついていて、後者はどこかにある種の覚悟が垣間見える。

>>続きを見る

 

『名声に打ち克つことの出来る孤独者は滅多にいない。彼はほっと安堵の顔をあげた途端に打ちのめされる。』

 

カテゴリー:自己/精神

この手の話は出揃っていて、それはつまり、事実が確実であることを意味している。アリストテレスは言う。『人生はチャンスと変化に富んでいる。そして最も栄えているときに、人は大きな不幸に見舞われる。』

>>続きを見る

 

『ひとりの人間が別の人を愛するということ。それはおそらく、すべての課題の中でも、もっとも難しいものだろう。』

 

カテゴリー:自己/精神

『ひとりの人間が別の人を愛するということ。それはおそらく、すべての課題の中でも、もっとも難しいものだろう。それは究極の試金石であり、証明である。他のすべての行為が、準備にすぎないような行為である。』

>>続きを見る

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP