名言を自分のものにする

広告

 

> > >

 

大山梅雄 名言/格言

大山梅雄

 

大山梅雄とは(画像

日本ビジネスパーソン

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

大山梅雄の言葉

 

『社長に対して何かにつけておべっかを使って近づいてくる者がいるが、そんなのはまったく信用できない。』

 

カテゴリー:仕事/経営

こんなこと私は社長になる前から理解していた。気に入られようとする人間が軽薄に見えたし、それにつけ込む愚かな社長も軽薄に見えた。

>>続きを見る

 

『人間は頭で理解するが、感情で動く。説得力とは、とりもなおさず人の感情にストレートに訴えかける術である。』

 

カテゴリー:教育/愛情

山本五十六は、『やってみせ、言って聞かせてさせてみせ、褒めてやらねば、人は動かじ。』と言ったが、これは本当の事だ。私は10代の頃からこの言葉を聞いていて、

>>続きを見る

 

『経費の出るを制するだけでは企業は立ち直れません。』

 

カテゴリー:仕事/経営

また、同業13社の中で最低であった「一人当たり生産高」と「一人当たり売上高」を業界平均まで引き上げるために、設備の改善と社員のモラル向上を図りました。』

>>続きを見る

 

『私は「なるようにしかならない」人生ではなく「なるようになる」人生を作るために努力することの方が大事であろうと思う。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

私は「なるようにしかならない」人生ではなく「なるようになる」人生を作るために努力することの方が大事であろうと思う。』

>>続きを見る

 

『私のしてきたことは、その気にさえなれば誰にでもできることばかりです。他人が気付かなかったこと、見落としていたことをずっとやってきただけなのです。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

しかし、私は自分が特別な才能や他人より優れた能力があって、企業の立て直しをやってこれたのだ、などと考えたことは一度もありません。

>>続きを見る

 

『不可能なことなどこの世の中にありません。あるのは「不可能だと思う自分の気持ち」だけです。』

 

カテゴリー:自己/精神

(できる)と思わなければ行動しないのだ。それを、斜に構えた人間が見ると、(とち狂ったかあいつは。)とか、そういう方向で見ることがあるが、そういう人間の意見など聞く価値はないのだ。

>>続きを見る

 

『同じ学歴、才能のある人間同士が同じような仕事をしていながら、最終的に差がついてしまうのは、意欲の持ち方の差である。』

 

カテゴリー:自己/精神

同じ学歴、才能のある人間同士が同じような仕事をしていながら、最終的に差がついてしまうのは、意欲の持ち方の差である。』

>>続きを見る

 

『会社が赤字になるのはなぜか。入る金より出る金の方が多いからです。つまり「出るを制すれば」赤字は防げるのです。』

 

カテゴリー:仕事/経営

これ以上余計な話をしようと思えばいくらでも出来るが、これ以上余計な話をしない方がいい。

>>続きを見る

 

『企業の再建に限らず、人生の成功についても、私はコロンブスの卵が大事だと思っている。』

 

カテゴリー:仕事/経営

このコロンブスの卵に気付いていない人たちなのです。私にとってコロンブスの卵とは意欲を持つこと。

>>続きを見る

 

『信念のない人に他人はついてこない。意欲を持って真正面からがっぷり四つに取り組む。これが私の企業再建人生なのです。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

「借りは作るな、貸越人生であれ」借りという負の状態では人は動かせない。また信念のない人に他人はついてこない。意欲を持って真正面からがっぷり四つに取り組む。これが私の企業再建人生なのです。』

>>続きを見る

 

『「できない」「もうこれでいい」「やるだけやった」と言うな。 「これでもやり足りない」「いくらやってもやり足りない」と思え。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

人間に限界などない。あるのは『限界だと決める人間の心』だけだ。豊田佐吉は言った。

>>続きを見る

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

↑ページの上部へ


広告

↑ PAGE TOP