名言を自分のものにする

広告

 

> > >

 

宮沢賢治 名言/格言

宮沢賢治

 

宮沢賢治とは(画像

日本作家。生誕1896年。宮沢賢治は1896年8月27日に生まれ、1933年9月21日に結核で亡くなるまでに活躍した日本の詩人であり童話作家です。37年という短い生涯でしたが、その死後に評価が見直され、存命中よりも亡くなってから次々と作品が発表されていきました。宮沢賢治の作品を幅広く世間に発信しようという取り組みは同じく詩人の草野心平が中心になって取り組み、多数の作品が世の中に刊行されることになりました。現在宮沢賢治の作品として誰もが知る作品のほとんどは、本人が存命中は陽の目を浴びていなかったということになります。

 

本人が生前中に刊行された作品としては、詩集として春と修羅、童話集としては注文の多い料理店があります。ですが原稿料を受け取ったのは愛国婦人という雑誌に投稿した雪渡りという童話の5円だけだったという説もあります。作風は実に独特な世界観を持っていて、本人の生い立ちや育った環境、そして信奉していた法華経の理念が深く関わっているとされています。

 

宮沢賢治の残した名言の数々の中でも、世界全体が幸福にならないかぎりは、個人の幸福はありえない、という言葉は特に本人の内面を表したものとして印象的です。自身は裕福に育ちながらも、岩手という土地柄多く存在していた周囲の貧しい農民の方々に対しての負い目や贖罪の意識を深く有していて、それが多くの作品に反映されているからです。作品に登場する想像上の理想郷としてイーハトーブというものが出てきますが、これは本人が生まれ育った岩手をモチーフとしていることからも郷土に対しての深い希望が感じられます。

 

宮沢賢治関連の書籍

 

 

 

スポンサーリンク

 

宮沢賢治の言葉


 

『誰だって、ほんとうにいいことをしたら、いちばん幸せなんだねえ。』

 

カテゴリー:成功/幸福

孔子の教えである、『儒教』には、『性善説』という概念がある。孔子の教えを源として、弟子の孟子が、その概念を確立させた。

>>続きを見る

 

『誓って言うが、わたくしはこの仕事で疲れを覚えたことはない。』

 

カテゴリー:自己/精神

フランスの小説家、バルザックは言った。 『熱狂できないということは、凡庸のしるしだ。』あるいは、天才作家、スティーブン・キングは言う。

>>続きを見る

 

『どうも、ちょうどよく働くことほど、体に良い事は無いですな。』

 

カテゴリー:自己/精神

研ぎ澄まされているわけだから、そこに周波数を合わせるのが容易ではない。適当にやるのもダメ。過度にやるのもダメ。

>>続きを見る

 

『真の幸福に至れるのであれば、それまでの悲しみは、エピソードに過ぎない。』

 

カテゴリー:不幸/失敗

酒が飲める人にとってその一杯目のビールは、格別だ。だがこれが、二杯目、三杯目となる時、そのビールの味はどうなっているだろうか。

>>続きを見る

 

『自分が真実から目をそむけて子どもたちに本当のことが、語れるのか。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

人の心を本当に動かすにはその人の体験から滲み出る行いと言葉しかない。知識だけでは人は共感を感じないからだ。

>>続きを見る

 

『永久の未完成、これ完成である。』

 

カテゴリー:知性/知恵

完璧主義の私にとって、『完成させることが出来ない状態』は、単純に、とても歯痒い感覚になる。

>>続きを見る

 

『無意識から溢れるものでなければ、多くは無力か詐偽である。』

 

カテゴリー:知性/知恵

例えば、『主体的』の対義語が、『反応的』だとする。自分で率先して物事に取り組むのが『主体的』で、物事に反応するだけの姿勢を取る人が『反応的』である。

>>続きを見る

 

『世界全体が幸福にならないかぎりは、個人の幸福はありえない。』

 

カテゴリー:成功/幸福

太宰治は言った。『とにかくね、生きているのだからインチキをやっているのに違いないのさ。』三島由紀夫は言った。『何のために生きてゐるかわからないから生きてゐられるんだわ。』

>>続きを見る

 

『一つずつの小さな現在が続いているだけである。』

 

カテゴリー:人生/生死

我々が出来ることは、今を生きることだけだ。過去には戻れないし、未来があるかどうかも定かではない。

>>続きを見る

 

『雨にも負けず 風にも負けず 雪にも夏の暑さにも負けぬ 丈夫なからだをもち 慾はなく 決して怒らず いつも静かに笑っている』

 

カテゴリー:人生/生死

『雨にも負けず 風にも負けず 雪にも夏の暑さにも負けぬ 丈夫なからだをもち 慾はなく 決して怒らずいつも静かに笑っている 一日に玄米四合と味噌と少しの野菜を食べ あらゆることを自分を勘定に入れずに よく見聞きし分かり そして忘れず 野原の松の林の陰の小さな萱ぶきの小屋にいて

>>続きを見る

 

『何がしあわせかわからないです。本当にどんなに辛いことでも、それが正しい道を進む中の出来事なら峠の上りも下りもみんな本当の幸せに近づく一足づつですから。』

 

カテゴリー:成功/幸福

チャーチルは言った。 『何が本当に自分の利益であるか、ということを知ることは容易ではない。』ヘミングウェイは言った。『運はいろんな形をして現れる。とすれば、どうしてそれがわかる?』

>>続きを見る

 

『すべてさびしさと悲傷とを焚いて ひとはとうめいな軌道をすすむ。』

 

カテゴリー:人生/生死

『もうけつしてさびしくはない なんべんさびしくないと云つたとこで またさびしくなるのはきまつてゐる けれどもここはこれでいいのだ

>>続きを見る

 

『あなたの方から見たら ずいぶんさんたんたるけしきでしょうが わたくしから見えるのは やっぱりきれいな青ぞらと すきとおった風ばかりです。』

 

カテゴリー:人生/生死

例えば電車に座っていて、対面にも人が座っている。その中で、その対面の人間にそうして語り掛けるとする。

>>続きを見る

 

『優秀な人間は議論や分析が先行し、それで終わってしまうことが多い。行動に移さねば意味がない。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

頭であれこれと考えているだけでは、話が進まない。そういう人は逆に、『世の中の全ては自分の頭で考えた通りになる』と思い込み、過信しているところがあることを疑うべきである。

>>続きを見る

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP