名言を自分のものにする

広告

 

> > >

 

三宅雪嶺 名言/格言

三宅雪嶺

 

三宅雪嶺とは(画像

日本哲学者。生誕1860年

 

三宅雪嶺関連の書籍

 

 

 

スポンサーリンク

 

三宅雪嶺の言葉


 

『人は己の最善を尽くすがよい。実力のある者は決して世間で捨てて置かぬ。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

阪急グループ創始者、小林一三は言う。『下足番を命じられたら、日本一の下足番になってみろ。そうしたら、誰も君を下足番にしておかぬ』まさに今回の言葉と同じ線の上にある言葉だ。野球界の打撃の神様と言われた、川上哲治は言った。

>>続きを見る

 

『七転び八起きは、歩みの経験において避くべからざることである。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

三宅雪嶺はこうも言う。『人は己の最善を尽くすがよい。実力のある者は決して世間で捨てて置かぬ。』何度転んでも屈することはない。八回目に置き上がればいいだけだ。

>>続きを見る

 

『出来るか出来ないかわからぬ時は、出来ると思って努力せよ。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

逆に自問した方が良い。なぜ『出来る』と思ったのか。あるいは『出来ない』と思ったのか。『非才』という本がある。

>>続きを見る

 

『例えれば、鍛冶屋が腕を振って腕が太くなるように、元気を出し続けると元気は増して来るものである。』

 

カテゴリー:自己/精神

筋肉を増強させるには、 1.筋トレ(負荷をかける) 2.補修する栄養を摂る(たんぱく質を摂る) 3.補修&強化をする(休養を取る)

>>続きを見る

 

『己の出来ると認むる方が当然であって、出来る事を出来ぬと認めねば出来る事も出来なくなる』

 

カテゴリー:自己/精神

『出来るか出来ないかわからぬ時は、出来ると思って努力せよ。』こうも言っている三宅雪嶺は、とにかくこう言いたいのだ。

>>続きを見る

 

『正直者で失敗するのは、正直のために失敗するのではない。他に事情があるのである。不正直で成功するのは、不正直で成功するのではなく、他に事情があるからである』

 

カテゴリー:不幸/失敗

正直者が『失敗』をした。それは、『正直者』ではないからだ。不正直者が『成功』をした。それは『不正直者』だからだ。

>>続きを見る

 

『己れの力で、己れの運命を開拓する者は安心する所が多い。失敗しても失望せぬ。又、奮い起る事が出来る』

 

カテゴリー:不幸/失敗

主体的だからだ。その対義語は、反応的である。自ら動く『自然性』であるか、他に影響されてそれに反応するだけの『他燃性』であるか。他燃性だったら、そりゃあ成功したら驕り、失敗したら腐るに決まっているだろう。何しろ『反応する』のが自分のやり方なのだから。

>>続きを見る

 

『金は人生の手段であって目的でない。多少見識のあるものは皆之を知って居る。が、年を取ると、之を目的とするようになる』

 

カテゴリー:お金/資産

だとすると、『歳を取ると人として衰退していく』のか。衰退していくのは、体力だけではないのか。人間としての実質も、衰退していくのか。

>>続きを見る

 

『深く考えうるよりも断乎(だんこ)として行うにある。考うるはよい。出来るだけ考うべきであるが、考うるに際限がない。或る辺(あたり)に思い切りを付けねばならぬ』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

いくら考えても、キリがない場合がある。なぜなら人間の思考や心というものは、無限大だからである。

>>続きを見る

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP