名言を自分のものにする

広告

 

> > >

 

水戸黄門(徳川光圀) 名言/格言

水戸黄門(徳川光圀)

 

水戸黄門(徳川光圀)とは(画像

日本藩主。生誕1628年通称『水戸黄門』。

 

水戸黄門関連の書籍

 

 

 

スポンサーリンク

 

水戸黄門(徳川光圀)の言葉


 

『欲と色と酒を敵と知るべし。』

 

カテゴリー:自己/精神

食欲、性欲、睡眠欲。名誉欲に、権力欲に、財欲。人間には様々な欲があり、それに支配されている人間を傍から見ると、醜くて無様で、あまり人間の在るべき姿には見えない。

>>続きを見る

 

『苦は楽の種、楽は苦の種と知るべし。』

 

カテゴリー:自己/精神

福沢諭吉がピタリ、同じことを言っている。『苦は楽の種で、楽は苦の前兆である。』

>>続きを見る

 

『九分に足らば、十分にこぼるると知るべし。』

 

カテゴリー:自己/精神

なぜそのような仕組みになっているかを考える前に、『腹八分』という概念について目を向けるべきである。

>>続きを見る

 

『誕生日は、最も粗末な食事でいい。この日こそ、母を最も苦しめた日なのだから。』

 

カテゴリー:知性/知恵

この発想はとても思慮深く、意志の強さを感じる。私も数年前から、全ての儀式に対してその意味を疑うようになり、『形式だけならやらない』という発想が生まれ、結婚式だろうが葬式だろうが、お参りだろうが何だろうが、一切やる気が失せてしまった。

>>続きを見る

 

『生くべきときに生き、死すべきときに死す。』

 

カテゴリー:人生/生死

確かに武士が行うのは、切腹だった。しかし、自殺と切腹とでは、意味が違うのだ。

>>続きを見る

 

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP